絶対借入できるカードローンはどこ?借りられる個人融資カードローン

絶対に借りれるカードローン。

お金を借りたい私達からしたらこんな魅力的なものはありませんよね。

カードローンを利用するには審査が必ず必要になりますし、ブラックの状態だと審査通過することはまずできません。

ここでは、絶対借り入れできるカードローンが存在するのかを徹底的に調べた詳細をお伝えしていきます。

絶対に借りれるカードローンは存在するのか!?

中小を含めた消費者金融に問い合わせをしたところ、どこの消費者金融も「審査をして貸付できる基準を超えたお客様にのみ貸付を行う」という旨の返答をもらいました。

調査した結果、有名どころはほとんど確認しましたが、どこの消費者金融も同じような回答で絶対に借りれるという文言は聞くことができませんでした。

ということは、無条件で絶対に貸してくれるカードローンはないということになります。

しかし、だからといって借入を諦める必要はありません。

絶対に借り入れできるカードローンはありませんが、やり方によっては借入ができる可能性があるカードローンは存在します。

借入件数2・3件なら借入は可能!?

絶対に借入ができるカードローンを探しているあなたは、現在の借入件数が多かったり、借入金額が多いことで借入ができないと思っているはずです。

しかし、借入件数が2件~3件程度なら借り入れできる可能性がまだ残っていると言えます。

というのも、例えばあなたが消費者金融3社から借入をしている場合、
1社目は総量規制に引っかかる金額の1/3程度の限度額
2社目も1社目と同等の金額。
3社目は10~20万円程度。
くらいの借入金額となっているはずです。

実は複数社借りているケースでは、このような形で借入をしているケースが多くあるのです。

ということは、あなたの借金は総量規制の金額ギリギリ位でまだ収まっているということ。

審査に通過できることができればお金を借りることが可能ということになります。

絶対に借りたいなら審査通過率の高いカードローンを利用しましょう

絶対借り入れしたいというあなたは、審査通過率の高いカードローンに申し込みをすることが大切です。

カードローン商品には、審査通過率を公表しているものと公表していないものがあります。

銀行カードローンは審査通過率が公表されていませんが、消費者金融なら審査通過率が公表されているので、消費者金融の審査通過率を参考に申し込みをすることで借りれる可能性がまだ残っているということになるのです。

審査通過率の高いカードローンとして認知度が高いものは

  • アイフル
  • プロミス
  • アコム

の3社です。

これらのカードローンは審査通過率が45%前後とカードローン業界の中でも特に高い数値を叩き出しています。

ブラックの方だと審査通過が難しい場合がほとんどですが、借入件数や金額が気になっているというあなたは、これらの消費者金融に申し込みをすることで借入ができる可能性があるといえるでしょう。

審査通過率の高いカードローンについて知りたい方は「審査なしで必ずお金を貸してくれる所はある?闇金以外の借入先とは」を参考にしてください。

ブラックの方は中小消費者金融に申し込みを

ブラックの方は大手消費者金融や銀行カードローンで借り入れすることができません。

そのため、選択肢として残っているのは中小消費者金融しか残っていないということになります。

通常、カードローンの審査では過去の信用情報と今の属性を参考にして貸付をするかの判断を行いますが、中小消費者金融は今のあなたの信用をヒアリングによって把握します。

そのため、信用がブラックの方でも中小消費者金融なら借り入れできる可能性が残っていると言えるのです。

ですが、気をつけたいのは闇金に手を出してしまうこと。

闇金は正規の貸金業者ではありませんので、審査という概念がありません。

正規の貸金業者は法律に則った借金の取り立てを行いますが、闇金はどんな方法を用いても借金の回収を行います。

確かにお金を借りれる可能性は闇金の方が高いかもしれませんが、絶対に利用しないようにしましょう。

絶対に借りるために押さえておくべき3つのポイント

絶対にお金を借りたいというあなたは、お金を借りるために押さえておくポイントが3つあります。

  • 借りれる上限の把握
  • 借入件数を少なくする
  • 保証会社

この3つを押さえることで、借入のしやすさが変わります。

借りれる上限の把握

貸金業者からお金を借りる場合には、総量規制という借入金額の上限が存在します。

総量規制とは「年収の1/3までしか借入できない」という改正貸金業法に定められている貸付・借入の上限の規制のこと。

あなたの現状の借入がこの総量規制の縛りに抵触しているのか、抵触していないのか。

これを把握しておくことで消費者金融で借入ができるのか、銀行カードローンでしか借入ができないのか。

また、借り換えやおまとめで対応すべきなのかの判断ができます。

今借り入れしている額と、総量規制までどれくらい借りれるのかを把握しておくようにしておきましょう。

借入件数を少なくする

借入件数を少なくすることで、審査通過の可能性を広げることができます。

借入件数が多いと、借金の返済負担はとても大きなものとなります。

そのため、借入件数を1社だけ減らすだけでも審査通過の可能性が広がります。

まずは借入金額の少ない1社の返済を集中的に終わらせて、追加の借入を検討するのがおすすめです。

保証会社

銀行カードローンと消費者金融は、カードローン商品の提供と保証業務として提携していることが少なくありません。

例えば、消費者金融のアコムは三菱UFJフィナンシャル・グループに属していることから三菱UFj銀行カードローンバンクイックの保証業務を担っています。

仮にあなたがアコムの借入で返済遅延などの問題を起こした場合、三菱UFJ銀行カードローンで審査通過する可能性が低くなったと考えられるでしょう。

保証会社の関係を把握することで借入できるところとできないところを把握することが大切です。

絶対に借入できる保証はどのカードローンにもありません

絶対に借入できるカードローンは存在しませんが、借入できる可能性を大きくすることは可能です。

そのため、まずはあなたの借金の状況をしっかりと把握するようにしましょう。

多重債務者に限らず、借金をしている方は自分の借金を把握していないことが多くあります。

今どれくらい借金をしていてどれくらい返済が進んでいるのか、また、総量規制に引っかかるまであとどれくらい借入することが可能なのか。

あなたの借金の現状を把握して、少しでも可能性の大きいカードローンに申し込みをするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です