借金を借金で返すのはあり?借金を効率良く返す方法

やばい!返済日間近なのに口座にお金が残ってない!
借金を借金して返せば今月は乗り切れるんじゃ、、、

なんて考えで頭がいっぱいになってしまうこともあります。

結論から言うと、借金を借金で返し始めたら最終的に行き着く先は債務整理です。

社会的な信用がなくなり、ローンを組みたくても組めない。

そんな状況に陥るので、絶対にしないようにしましょう。

ですが、借金を借金で返済するのには1つだけ例外となる方法も存在します。

ここでは、借金を借金で返済することのリスクと、借金を借金で返済する唯一の救いの手について紹介をしていきます。

借金を借金で返済することのリスク

借金で苦しんでいるあなたを苦しめているものの正体は利息です。

年利18.0%(1年に18%の利息がかかる)で50万円借金を抱えている場合、単純に計算をすると「50万円×0.18(18.0%の金利)=9万円」という計算が成り立ち、1年間に9万円の利息がかかるという計算になります。

ここが借金を苦しめる落とし穴となっているのです。

年利なのに1ヶ月返済になっているために返済が苦しくなる

先に紹介した計算式の場合「年利18.0%、50万円の借金を1年後に1回」で返済することで成り立つ計算式となります。

しかし、通常銀行カードローンや消費者金融の返済はひと月に1回。

基本的には単利での借入となるので「毎月の借入残高から年利を割り出し、1ヶ月の日割り利息+元金を返済」という形で返済を行うのですが、これがまた曲者なんです。

例えば年利18.0%で50万円の借金を毎月最低返済額の1万円で返済を続けると、毎月およそ7千円の利息を支払うことになり、元金は毎月3千円程度しか返済ができません。

元金を毎月少しずつ返済していくことで結果的に1年目の利息は9万円から8万8千円程度まで下げることが可能ですが、考えなければ行けないのは借入残高と今後の金利。

1万円での返済を行うと、1年で借入残高は4万円にも達しません。

12ヶ月で12万円も支払っているのに、返済できている金額は4万円に達することなく、残高は無情にも46万円以上残っているという計算になります。

仮に借入残高が46万円だとしたら次の1年に支払う金利は約8万円。

2年も返済を続けているのに、借入残高が42万円も残っている計算になります。

毎月1万円を返済に充てる出費は大きいですが、それ以上に搾取される金額が大きすぎて返済が苦しくなっていくと言うわけです。

借金を借金で返済するとどうなるのか

借金を借金で返済すると、結果的に借金が増えることになります。

例えば、返済に充てる1万円がないから1万円を借りて返済に充てよう。

そう考えて消費者金融に申し込みをしたとすると、消費者金融は1万円を利用限度額として貸付を行うことはほぼありません。

利用限度額は10万円やそれ以上になることも少なくないのです。

限度額10万円の中から1万円を返済に充てた場合、あなたの手元にはあと9万円借りれる枠が残ります。

返済が苦しいくらい困窮しているあなたは、おそらく残りの9万円の枠にも手を出し、あっという間に借金が10万円増えることが予想されます。

仮に元の借金が50万円(18.0%)だったとして、借金を借金で返すために10万円を借りて1万円を返済に使ったとすると、あなたの借金は約59万7千円爾まで膨らむことになります。

元金を3000円減らすために借金が10万円以上増える。

こんなバカらしいことってないですよね。

また、借金をする場所が増えることで、必然的に次回から返済を行う最低返済額も増えます。

銀行カードローンや消費者金融には最低返済額というものが設定されていますので、借りている場所を増やせばそれだけ返済しなければいけない額も増えてしまうのです。

月々の返済額が増えたのに元金が返済できないリスクを抱えることになります。

月々の返済額が増えたのに借金が返済できないリスクとは

月々の返済金額が増えたのに借金が返済できないリスクは借金を借金で返すことで起きるリスクです。

例えば50万円(18.0%)の借入のあるA社の借金をB社から借りた10万円(18.0%)の借金で返済したとして、

・A社の最低返済額→月1万円
・B社の最低返済額→月2千円

合計1万2千円の返済を行うとします。

すると、

・A社の元金返済→月3千円
・B社の元金返済→月6百円

となり、月々の返済額を2千円も増やしたのに、実質返済できている額が6百円しか増えていない計算になります。

わざわざ自分で自分の首を締めることになってしまうので、借金を借金で返済するのはリスクしかない行為ということがわかります。

借金を効率よく返すなら借金を借金で全額返済する方法がおすすめ

借金を借金で返済することを考えているあなたは、借金の借り換えを行うのがおすすめです。

借り換えとは、今ある借金の全額を他の消費者金融や銀行カードローンで借りて、最初の借金を返済する方法のこと。

借り換えを利用することで、金利を下げて効率良く返済をすることが可能になります。

借金を借金して返すことで返済が楽になる!?

借り換えをすることと、借金を借金で返すこと。

同じことを言っていますが、実際には両者ではかなり違いがあります。

借金を借金で返済するリスクについては先に紹介したので理解があると思いますが、借り換えの場合、今ある借金を全額他の金融業者に肩代わりをしてもらうことが必須条件となるので、複数社の借金を抱えることがありません。

また、借り換えをするときに低金利のカードローンを選ぶことにより返済がかなり楽になることが予想されます。

元金返済のスピードも上がるので、完済までに支払う利息も減りますし、借金を借金で返すことを考えると借入の負担に雲泥の差が出ます。

借金を借金で返そうとしているあなたはまず最初に借り換えを検討するようにしましょう。

審査が不安なあなたは消費者金融がおすすめ!

借入が年収の1/3を超えている。
総量規制内の借入だけど審査が不安。

というあなたは消費者金融での借り換えがおすすめです。

銀行カードローンは2017年に過剰融資問題を起こしており、現在審査難易度がかなり上がった状態となっています。

そのため、金利の低い銀行カードローンを利用するよりも、現在借りている消費者金融より金利が安くなる消費者金融に借り換えをするのがおすすめです。

しかし、まだ1社しか借入がなく、総量規制の1/2程度の金額しか借りていないというケースには銀行カードローンへの借り換えがおすすめです。

1社からの借入が総量規制の1/2ほどの金額しかない場合、あなたは十分に銀行カードローンでも借り換えができる信用があると考えられるからです。

申し込みのときに借り換えを希望していると伝えることで、審査のときに借り換えを加味した審査を行ってくれるでしょう。

消費者金融ならアイフルがおすすめ!

アイフルの借り換えMAXは通常のカードローンを利用するよりも低い金利で借入が可能です。

プロミスやアコムといった消費者金融でも借り換え専用のローンはありますが、こちらは総量規制の例外を利用した借り換えとなるので、総量規制内の借り換えができません。

そのため、借金を借金で返済する場合には総量規制内の借り換えでも対応しているアイフルを利用するのがおすすめです。

あなたの借金が消費者金融からのものであれば、おそらくあなたの利息は最大金利の18%であることが予想されます。

アイフルの借り換えMAXなら、最低でも0.5%金利を下げることができますし、今月の返済を来月に引き伸ばすことができます。

銀行カードローンなら三井住友銀行カードローンがおすすめ

三井住友銀行カードローンは利便性の高いカードローンで、審査と金利のバランスが取れているカードローンです。

また、最大金利も14.5%と低金利なので、消費者金融の借金を借金で返そうとしている場合には、最低でも3.5%の金利ダウンが見込めます。

対応している自動契約機が多く、ローンカード発行もスムーズに行うことができるところも嬉しいポイントです。

借金を借金で返せなくなったら債務整理の検討を

借金を借金で全額返済しても返済苦が続き、また借金する必要が出てきた。。。

そんなあなたは債務整理の検討をおすすめします。

浪費などないはずなのに借金を返済することができなくなったということは、今ある借金はあなたの許容範囲を超えた借金であるということ。

債務整理は、自分のキャパを超えた借金を無理なく返済する返済計画の立て直しに行うものです。

社会的な信用を落とすというデメリットはありますが、数十万円や百万円、200万円といった借金で首を吊るほど馬鹿げたことはありません。

人として当たり前の生活が送れるように弁護士に間に入ってもらって借金の生活苦を軽くする方法が債務整理です。

債務整理をすると借金をかなり効率よく返済できます

債務整理には3つの種類がありますが、一般的な方法として用いられるのが任意整理。

弁護士に間に入ってもらい、債権者(銀行や消費者金融)と債務者(借金をしている自分)で無理のない返済計画を立て、双方合意の元利息や遅延損害金をカットした返済が可能になります。
※利息・返済金がカットにならない場合もあります。

元金のみの返済となるので、かなり効率の良い返済を行うことができますが、債務整理を行うとその後最低5年間はローンを組んだりお金を借りたりすることができません。

ですが、効率よく借金の返済ができる点において債務整理は現実的な方法だと言えます。

借金を借金で返すなら全額返済するようにしましょう

借り換えによって借金を借金で返済することで、今抱えている借金の利息を低くすることが可能です。

もちろん借り換えを行う前に借り換え先をしっかりと検討しなければいけませんが、借り換えが成功すればかなり効率の良い返済を行うことができ、借金の返済が楽になります。

借金を借金で返済するのは愚の骨頂ですが、やり方によってはあなたの借金苦を楽にしてくれる場合もあります。

あなたの状況に合わせて効率の良い返済を行っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です