消費者金融なら総量規制オーバーでもお金を借りられる!?

pixta_20353569_M

総量規制とは、貸金業者がお客さんの年収の3分の1を超えるような貸付は行ってはいけないという貸金業法で定められた規制です。

ただ、銀行が提供するカードローンには「貸金業法」ではなく「銀行法」が適用されるため、年収の3分の1以上の融資も普通に行われていました。(当然審査は厳しめ)

しかし現在は、銀行系カードローンも自主規制という形で、年収の3分の1を超える融資を受けることが非常に難しい時代になりました。

そうすると、既に総量規制の枠分の借金がある方でお金に困っている方は、もう借り入れできないのかと不安になってしまいますよね。

でも大丈夫です。そんな方でもお金を借りられる可能性のあるカードローンは存在します。

今回は、総量規制をオーバーしててもお金を借りられる可能性のあるカードローンをご紹介します。

銀行が年収の3分の1以上の貸付を自主規制した理由

最近までは、総量規制によって貸金業者からお金を借りることができなかった

  • 既に年収の3分の1以上の借入れがある
  • 安定した収入がない(無職、専業主婦など)
  • 始めから年収の3分の1を超える融資を希望

といった人たちの行きつく先が、総量規制の対象外となる銀行系カードローンでした。

冒頭でも述べたように、銀行は「総量規制」ではなく「銀行法」に基づいて融資を行っていたため、年収の3分の1以上の金額であろうと返済能力さえ認められればお金を貸し出していました。

日本弁護士連合会、金融庁の指摘を受けて

しかし、日本弁護士連合会、金融庁の指摘を受けて、銀行のカードローンでも「借入残高が年収の3分の1を超えることはあってはならない」という自主規制が2017年から設けられるようになりました。

銀行が指摘を受けた理由を簡単に言うと、「銀行のカードローン」と言っても、今のグレーゾーン金利が撤廃された「消費者金融のカードローン」とそこまで大差がなくなったからです。

そのため、日本全国の借金返済に苦しんでいる人を少しでも減らすために、銀行でも「総量規制」と同じような制限を設けて下さい、といった理由で自主規制が設けられました。

このような理由から、銀行系カードローンのルールは大幅に変更され、総量規制の対象外でお金を借りられるケースはほぼ不可能になったのです。

総量規制オーバーでもお金を借りられるローンはある

これまで読んできて、

  • 消費者金融は総量規制の対象となる貸金業者
  • 銀行は総量規制と同様の自主規制が導入された

と考えると「じゃあもう総量規制オーバーでお金を借りることは不可能なの?」と悲観してしまいますよね。

でも大丈夫です。安心して下さい!

まさかの総量規制の対象である「消費者金融」で、総量規制オーバーの方でもお金を借りられるローン商品が提供されているのです。

このローンをご紹介する前に、まずは「総量規制の例外となる借入」についてきちんと理解しておくことが大切です。

総量規制の例外貸付とは

「総量規制対象外」「総量規制オーバー」という言葉は、上記で述べたような理由から、ほぼ銀行のカードローンを指す意味で使われていました。

しかしそもそも、総量規制には「例外貸付」というものが存在します。

これは、既に総量規制をオーバーした借入状態の方でも、貸金業者からさらに借入できる特殊なパターンを指します。

以下のような場合、総量規制の例外となる借入が貸金業者で認められています。

  • 顧客に一方的有利となる借換え
  • 緊急の医療費の貸付け
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
  • 個人事業者に対する貸付け
  • 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け

参考URL:貸金業法について

これらのケースに当てはまるような事情でお金を必要とする場合は、年収の3分の1以上の借金がある方でも、追加で融資を受けられる可能性があるということです。

ただし「お金を借りられる可能性がある」というだけで、当然融資を受けれるかどうかは審査の結果次第です。

総量規制の例外貸付に該当するローン

続いて、具体的に総量規制の例外貸付に当てはまるローンをご紹介していきます。

借り換えローン・おまとめローン

「借り換えローン」や「おまとめローン」といった商品は、総量規制の例外貸付に該当します。

借り換えとは「現在のローンより金利の低いローンに借り換えること」、おまとめとは「複数ある借金を金利の安いローン1本にまとめること」を目的にした商品です。

そのため、この2つのローンは利用者の借入状況を改善する目的があるので、総量規制の例外貸付「顧客に一方的有利となる借換え」に該当します。

配偶者貸付

配偶者貸付とは、収入のない専業主婦(夫)の方でもお金を借りれらるローンです。

これは、総量規制の例外貸付「配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け」に該当します。

ただ一点、このローンは書類の準備に手間が掛かることだけには注意して下さい。

通常のカードローンとは違い、本人確認書類以外にも

  • 配偶者の同意書
  • 婚姻関係を証明するための書類(戸籍謄本か住民票)

を提出しなければなりません。

そのため、このローンは、配偶者にバレずにお金を借りるといった使い方ができないのです。

また、大手消費者金融は書類審査の煩雑さから配偶者貸付を取り扱っていなかったりするため、もしこのローンをお考えの場合は中小消費者金融を検討して下さい。

事業者ローン(ビジネスローン)

個人事業主や自営業者向けのローンも、総量規制の例外貸付「個人事業者に対する貸付け」に該当します。

商品名も「事業者ローン」や「ビジネスローン」とすぐにイメージできる名称が付けられているので分かりやすいかと思います。

ただ、借入目的がはっきり「事業資金」となるため、当然それ相応の審査が実施されます。

申込者の返済能力を正確に見極めるために、年収を証明する確定申告書や今後の事業展開を予想する資金・事業計画書など多くの書類提出を求められます。

総量規制オーバーでお金を借りられる消費者金融を紹介

それでは、最後に総量規制オーバーでお金を借りられる消費者金融のローン商品をご紹介します。

アイフルの「かりかえMAX」と「おまとめMAX」

かりかえMAX おまとめMAX
金利 12.0%~17.5% 12.0%~15.0%
利用限度額 1~500万円
資金用途 借り換え

※アイフルを新規で利用する方

おまとめ

※現在アイフルと他社を利用中でアイフル1本にまとめたい方

申込条件 満20歳以上

安定した収入がある

担保・連帯保証人 不要
返済方式 元利均等返済方式
返済回数 120回
返済期間 最長10年
遅延損害金 年20.0%

アイフルでは、「かりかえMAX」と「おまとめMAX」という総量規制の例外として借りられる2つのローンが用意されています。

名前通り、かりかえMAXは「借り換え」、おまとめMAXは「おまとめ」を目的としたローンです。

アイフルの特に良い点は、

  • 利用限度額が大きい(最大500万円)
  • ネット申し込み可能(※かりかえMAXのみ)

です。

例えば、下記で紹介するアコムの新規申込は「電話のみ」なので、電話になかなか繋がらなかったり、電話代がかかってしまうという欠点があります。

その点、アイフルは「WEB申し込み」にも対応しているため、ここに魅力を感じた方はアイフルを利用するとよいでしょう。

申し込み後、電話でオペレーターに「総量規制オーバーでの借入を希望」と伝えれば、総量規制の例外貸付についても詳しく説明してくれます。

アコム

貸金業法に基づく借換え専用ローン
金利 7.7%~18.0%
利用限度額 1~300万円
資金用途 借り換え
申込条件 満20歳以上

安定した収入がある

担保・連帯保証人 不要
返済方式 元利均等返済方式
返済回数 2~162回
返済期間 最長13年7ヶ月
遅延損害金 20.0%

アコムの借り換え専用ローンは、下限金利が「7.7%」と低めに設定されている特徴があります。

ただ、アコムの借り換えローンを利用したい場合、ネットからの申し込みは受付していません。必ず電話からの申し込みになります。

電話での申し込みを済ませたら、必要書類を持ってアコムの店頭窓口または自動契約機(むじんくん)まで行き、正式契約の手続きになります。そのため、アコムの店舗やむじんくんの営業期間をよく確認しておきましょう。

また、どうしても店舗や自動契約機へ出向くのが難しい場合は、郵送による契約手続きも可能です。ただ、郵送の場合は上記方法に比べるとかなり時間がかかるので注意して下さい。

プロミス

おまとめローン
金利 6.3%~17.8%
利用限度額 1~300万円
資金用途 他の貸金業者からの借入金返済に限る
申込条件 20歳以上65歳以下

安定した収入がある

担保・連帯保証人 不要
返済方式 元利定額返済方式
返済回数 1~120回
返済期間 最終借入後最長10年
遅延損害金 20.0%

大手消費者金融プロミスでも総量規制オーバーで借り入れできるローンは提供されています。

しかも、プロミスの下限金利は、上記2社より低い「6.3%」に設定されています。

ただし、プロミスのおまとめは、「WEB」だけでなく「電話」による申し込みにも対応していないため、利用するためには

  • 店頭窓口
  • 自動契約機

どちらかに来店して手続きしなければならないというデメリットがあります。

そのため、プロミスのおまとめローンの申し込みの流れは、全てその場で完結するため、必要書類も自分で確認して持参しなければいけませんし、審査もその場で待つ必要があります。

ですので、「おまとめローン」としては先ほど紹介したアイフル、アコムと比べると、どうしても3番手の位置付けになってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です