金がなくてヤバイ!とにかくお金がない時の急場を凌ぐ方法

「給料日はまだまだ先なのにお金が無い!」「急に予定外の出費が生じてお金がなくなってしまった!」という状況はかなり焦りますよね。

お金がない時というのは誰でも精神的に追いつめられて苦しいものですし、何をしていてもお金のことが気になって仕方ありませんよね。

このコンテンツでは、そんなお金がない時に急場を凌ぐ方法をいろいろと紹介していきますので、自分に合った方法や気をつけるべきことをぜひチェックしてみてくださいね。

お金がない時の急場を凌ぐ方法

お金がないという状況には、今すぐ急場を凌ぎたい場合と、慢性的にお金がない状況を打破したい場合が考えられます。

慢性的な金欠を解消する場合には、今よりも高い収入を得られる仕事に転職するなど根本的な解決策が必要となりますが、とりあえず急場を凌ぐためにおすすめの方法は、すぐにお金を借りられるところでキャッシングをすることです。

それではおすすめのキャッシング会社をいくつかご紹介しますね。

お金がなくてヤバイならプロミスでのキャッシングがおすすめ

プロミスは、一分一秒でも早くお金が必要だという人にとってスピーディな対応が定評です。「Web完結」というコースなら、インターネットを通じて24時間365日いつでも申し込み可能、最短30分の審査で電話確認も郵送物もなく、申し込みから最短1時間で口座振り込みによる即日融資をしてくれます。

三井住友銀行やゆうちょ銀行をはじめとするプロミス指定の銀行口座を持っており、銀行が営業している平日15時までに審査通過できれば即日融資が可能です。

さらに三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば、審査通過後に「瞬フリ」というサービスを受けることができます。
カード番号とカード暗証番号、またはWeb-IDとパスワードでプロミスの会員ページにログインし、上記いずれかの口座を登録すればなんと24時間最短10秒の振込融資が可能となっています。(他銀行は平日14:50まで)

また、スマホがあればプロミス専用アプリを使って24時間いつでもセブン銀行ATMで借り入れ及び返済が可能です。プロミスを初めて利用する人は、30日間無利息というサービスもありますので使わない手はないですよね。

モビットなら誰にもバレずにすぐにキャッシングできます

SMBCモビットも、プロミスと同じ三井住友銀行グループのため審査と融資の速さには定評があります。

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座および社会保険証(または組合保険証)、本人確認書類、収入証明書(給与明細など)をお持ちの方なら「WEB完結」コースを申し込むことができます。このコースなら電話連絡も郵送物もなくすべてネットとメールだけで手続きが可能なので、誰にも知られずお金を借りたい人にはおすすめです。

初めの簡易審査は10秒で結果が分かり、本審査を通過して入会手続きが完了したら最短3分で銀行口座に振り込み融資がされます。審査申し込みから融資完了までスムーズに運べば、最短30分で済む人もいます。ただしこれは平日9:00~14:50までに手続きが完了した場合ですので気をつけてくださいね。

アイフルなら柔軟な審査にも対応!

アイフルは、柔軟な審査とスピード融資で定評を得ている会社です。年収が低くても、正社員ではなくてもアイフルの審査に通っている人はたくさんいます。
さらに、学生(20歳以上)や主婦でもパートやアルバイトなどで毎月一定の収入があれば借りられるという口コミも多く寄せられています。

アイフルは大手消費者金融の中では最も高い審査通過率45.6%を誇っており、独自の審査基準に基づいた審査を行うため非常にスピーディな融資が可能になっています。
申込み前には4つの項目を入力するだけで融資可能かどうかがわかる「1秒診断」というサービスもあります。

プロミスやモビット同様、申込みから融資完了まですべてWEB上で完結でき、最短30分で審査も即日融資も可能となっています。

丁寧な対応を希望ならアコム

アコムは、対応の丁寧さと借り入れスピードに定評のある会社です。特に初めてキャッシングを利用する人はわからないことや不安でいっぱいだと思いますが、一つ一つの質問に丁寧に対応してくれたという口コミが多く、女性専用ダイヤルも用意されています。

他の3社同様すべてWEB上で完了させることも可能ですが、アコムでは店頭での対応や電話応対でもお客様に満足いただけるよう、社員教育に力を入れています。

公式ホームページでは3項目の入力だけで融資可能かどうかがわかる「3秒診断」が用意されており、いくつかの条件を満たせば即日融資が可能です。フリーコールも用意されていますので、急ぎの方はそちらに連絡するのもおすすめです(0120-07-1000)。

その他のヤバイ!と感じた時にお金を作る方法

お金を作る方法はなにもキャッシングだけではありません。キャッシングには抵抗が・・・という人には、以下の方法もおすすめです。

  • 質屋
  • フリーマーケット
  • リサイクルショップ
  • 友人や親から借りる
  • クレカで支払いを後回しにする

このように、不要になったものを処分しながらお金を作ったりすることもできます。
それでは具体的にそれぞれのメリットやデメリットを見ていきましょう。

質屋

質屋でお金を作るメリットは、消費者金融や銀行では借りられない人(いわゆるブラック)でもお金が借りられること、支払期限が延長できること、催促がないため誰にもバレないことです。

質屋では消費者金融や銀行からお金を借りる時とは違って審査などなく、品物の査定金額をその場で全額受け取ることができます。
また、万が一返済期限(原則3か月以内)内に全額返済することができなくても、利息分だけ支払うことでずっと期限を延ばし続けることができるのです。
そして期限内に返済できない場合、質入れした商品は質流れとなるため、質屋はお金を貸した人に返済を迫る必要がないのです。

一方デメリットとしては、査定金額が低めで金利が高いことと、返済できなかった場合に品物を取り戻すことができないという点です。

質屋には「質入れ」以外に「買取」もあるので、品物を手放してもいいなら査定金額が高めの「買取」を選ぶのも一つの選択肢です。

フリーマーケット

フリーマーケットでお金を作るメリットは、質屋では買い取ってもらえない品物でも売ることができ、自分で価格を決められることです。

従来のように主に週末などに開催されるフリーマーケットはもちろん、最近ではフリマアプリがいろいろ登場していますから、スマートフォンやパソコンさえあれば自宅にいても手軽に物を売ることができます。

デメリットとしては、あまり大きな売り上げが期待できないこと、かならず売れるとは限らないことです。他にも従来型のフリーマーケットなら商品を会場まで運ぶ手間が生じますし、フリマアプリなら配送する手間や販売手数料が発生したりします。

リサイクルショップ

リサイクルショップでお金を作るメリットは、質屋と同じく誰でもすぐにその場でお金を受け取れること、そしてフリマ同様なんでも売りに出せることです。

ただしデメリットとしては、店舗や店員によって高価なものでも低く査定されてしまうことがあることです。

質屋・フリマ・リサイクルショップのどれを選ぶかは、自分の持っている品物の価値や時間的余裕、かかる労力などをしっかりと考慮したいものですね。

クレカで支払いを後回しにする

最後にもう一つ、直接お金を作る方法ではありませんが、クレカで支払いを後回しにすることでも急場を凌ぐことができます。

今手持ちの現金がなくても、クレカで支払いをすることができるなら請求は翌月以降となるため、ひとまずお金がなくて支払えないという状況は回避できます。

ただし「クレカの現金化」はおすすめできません。これはクレカのショッピング枠を利用して高価な買い物をしたあと、業者にその品物を7~8割の値段で買い取ってもらって現金を得ることです。

それがどうしていけないの?と思われるかもしれませんが、現金化という換金目的のクレカの利用はそもそもクレジットカード会社の規約違反に該当します。もしバレた場合は即カードの利用停止ということにもなりえます。

また、現金化業者には悪徳な業者も多く、金利換算すると闇金よりも高い利率になることや、個人情報を流されたりすることもあります。

一時的にまとまったお金が入っても、その後は金利の高いリボ払いでずっと返済を続けていかなくてはいけなくなりますから、クレカの現金化は自分を苦しめるだけの方法だということを知っておきましょう。

とにかくお金がないという時はやろうとしている行動を冷静に判断してください

お金がないと心に余裕がなくなってしまうので、犯罪ギリギリのことをしてでもなんとかしてお金を得ようと思ってしまいがちです。

自分がやろうとしている行動が正しいことなのか、悪いことなのかを冷静に判断し、できることなら親や友人に相談したりして無理のない方法でお金を手に入れるように心がけましょう。

特にクレカの現金化は犯罪スレスレの行為なので、絶対にしないようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です