レイクALSAの金利・口コミまとめ|審査難易度はどれくらい?

レイク

新生銀行グループの消費者金融「新生フィナンシャル」は、2018年4月から新たに無担保のカードローン商品「レイク ALSA(アルサ)」の取り扱いを開始します。

レイクALSAの借入利率は年4.5%~18%で、商品の概要自体は現在の「レイク」と同じですが、スマートフォンでの利便性を高めるなどより若い方に向けたサービスを充実させた商品に生まれ変わります。

具体的には、専用のアプリを使えば、セブン銀行ATMのQRコードを読み込むだけでお金を借入れたり返済できたりします。

今回はそんな新しいレイク「レイクALSA」について詳しく見ていきましょう。

レイクALSAの基本情報

まずは、レイクALSAの基本スペックから見ていきましょう。

冒頭でも述べましたが、商品の概要自体は従来の「レイク」と何ら変わりません。

レイクALSAに生まれ変わってからも、初めて利用する方に嬉しい無利息サービスは提供されます。

金利 4.5%~18.0%
利用最低可能額 1万円~
利用限度額 最大500万円
無利息サービス ら 30 日間無利息または 5 万円まで 180 日間無利息
資金使途 自由
申込対象年齢 20歳以上70歳以下
外国人は永住許可が必要
申込方法 インターネット
電話
自動契約機

「レイクALSA」ってそもそも何なの?「レイク」とどう違うの?

「レイク」と聞けば消費者金融をイメージする方が多いのではないでしょうか。

確かに一昔前までレイクは消費者金融だったのですが、2011年からは新生銀行の銀行系カードローンとして利用者数を伸ばしてきました。

しかし今回、「レイク」から「レイクALSA」に生まれ変わることで、消費者金融のカードローンに戻ります。

まずは、なぜ「レイクALSA」が誕生することになったのか、その背景を簡単にご説明します。

「レイク」は新規融資停止

新生銀行カードローン「レイク」としての新規融資・契約を2018年4月で停止します。

そのため、レイクとして利用していた方の契約は、新生銀行本体に引き継がれます。

そして、貸付部分に関しては、新生銀行のもう1つのカードローン「新生銀行スマートカードローンプラス」に一本化されます。

ただし、サービスの転換は行われますが、急にカードローンが利用できなくなる訳ではありません。

現在レイクを利用中の方が、4月から突然何も使えなくなる訳ではないので安心して下さい。

「レイク」から「レイクALSA」になっても金利はそのまま

一方で「レイク」の事業自体は、新生銀行グループの「新生フィナンシャル」が消費者金融として引き継ぎます。

これにより、レイクは再び消費者金融としての提供が開始します。

ただ従来の名称「レイク」というブランド名が「レイクALSA(アルサ)」とちょっとだけ変更されます。

名前は変わりますが、気になる借入年利は「4.5~18%」と商品スペックはそのままです。

しかし今後は銀行カードローンではなく消費者金融となるため、総量規制により年収の1/3以上は借りられなくなります。

レイクALSAの特徴

先ほど、レイクALSAは若者向けのサービスを充実させたカードローンをご紹介しました。

次は、そんなレイクALSAのおすすめポイントをご紹介します。

AI(人工知能)を採用!審査時間がさらに短縮

レイクALSAには、人工知能(AI)を活用したカードローンという特徴があります。

AIによって審査が瞬時に行われるので、審査時間が大幅に短縮されました。

また、「AIチャット」というサービスも提供されます。

これは、カードローンについて分からないことや知りたいことを、AIにチャット形式で気軽に質問できるサービスです。

AIが即座に回答してくれるので、使い勝手は非常に良いです。

無利息サービスは継続

「レイク」から「レイクALSA」に変わっても、新規契約を対象とした2つの無利息サービスは継続します。

これはレイクの代名詞とも言えるサービスであり、「30日間無利息」もしくは「5万円までなら180日間無利息」どちらか好きな方を選べます。

スマートフォンで全て完結できる

通常のカードローンの場合、専用のローンカードを発行して借入することになるのですが、レイクALSAであれば、スマートフォン1つでお金を借りることが可能です。

スマホで専用アプリを取得し、セブンイレブンへ行ってセブン銀行ATMからQRコードを読み込めば、すぐに借入できます。

ローンカードを発行せずとも、スマホでコンビニで入出金できるのは便利で嬉しいですよね。

レイクALSAのこれからを予想

レイクALSAは、まだ提供が開始されたカードローンではないため、分からないことがまだまだ多い商品です。

しかし、銀行ローンから消費者金融に変わることで、どういったサービスが実現されるか予想することはできるので、最後に考察してみたいと思います。

まずは、銀行カードローン時代は自主規制で廃止していた「即日融資」を解禁するのではないかなと思っております。

この即日融資の実現は、カードローンとしての利便性を非常に高めることになり、求めているユーザーも多いかと思います。

また、人工知能(AI)によるサービスも他に出てくるのではないかと予想されます。

上で紹介したような機能以外にも、AIによる何らかのサービスが公式発表されれば本ページですぐに紹介していきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です