クレカのキャッシングと消費者金融カードローンのメリット・デメリットについて

キャッシングの方法として挙げられるクレジットカードのキャッシングと消費者金融のキャッシング。

どちらもキャッシングの方法としてメジャーな方法ですが、どちらの方がメリットが大きいのでしょう?

クレジットカードと消費者金融のキャッシングのメリットとデメリットをまとめて紹介します。

このページはこんな方におすすめのページです。
  • クレカキャッシングのメリット・デメリットを知りたい方
  • 消費者金融でのキャッシングのメリット・デメリットを知りたい方
  • クレカと消費者金融、どちらでキャッシングした方がいいか迷っている方

クレカと消費者金融ならどっちがおすすめ?

キャッシングをするときにクレジットカードを利用するか消費者金融を利用するか。

これについては利用しているクレジットカードのキャッシングの金利によって異なる部分がありますが、リスクの面で考えるなら消費者金融でキャッシングした方がいいと言えるでしょう。

例えばクレジットカードのキャッシング枠の金利が18.0%だったとしたら、消費者金融でキャッシングするのと金利に差はありません。

むしろ、無利息期間のある消費者金融を利用したほうが得をするようにすら感じます。

ですが、クレジットカードのキャッシング金利が15.0%だった場合、クレジットカードでキャッシングした方が得をするのは一目瞭然ですよね。

でも、場合によってはクレカのキャッシングの方が金利が低くてもクレカを利用しない方がいいケースもあるのです。

クレジットカードキャッシングのメリット・デメリット

クレジットカードキャッシングにはキャッシング昨日が付帯しており、キャッシング枠に定められている限度額までは面倒な手続き無しでキャッシングをすることが可能です。

そんなクレジットカードキャッシングのメリットとデメリットは以下のとおり。

クレジットカードキャッシングのメリット
  • クレジットカードを持っていればすぐに借りれる
  • 海外でもお金をキャッシングができる
クレジットカードキャッシングのデメリット
  • 金利が高い
  • 借金をしている認識を持ちにくい
  • ショッピング枠がなくなる可能性
クレジットカードのキャッシング機能は、どうしてもいくらかのお金が足りないというときにはとても便利なものです。

しかし、クレジットカードのキャッシング機能は金利が高いこともあり、長期の借入には向いていません。

また、普段何気なく使っているクレカだからこそ借金をしているという認識を持ちづらく、返済について考えることが少なくなります。

クレジットカードで返済の延滞してしまうと、クレジットカードの利用停止処分を受けてショッピング機能も使用できなくなってしまいます。

便利なキャッシング機能ですが、クレジットカードでキャッシングをするときはもしもの時にすぐ返せる額を利用するのが良いでしょう。

また、リボ払いでのキャッシングは返済がしにくくなってしまうので、リボ払い専用のクレカキャッシングは絶対に利用しないようにしましょう。

消費者金融のキャッシングのメリット・デメリット

消費者金融で行うキャッシングは、申し込みをしてから借入までの時間が短くとても利便性の高いものとなっています。

そんな消費者金融で行うキャッシングのメリットとデメリットは以下のとおり。

消費者金融のキャッシングのメリット
  • 1時間以内に借り入れできる
  • 無利息期間がある
消費者金融のキャッシングのデメリット
  • 金利が高い
  • 審査次第で借りれない場合もある

クレジットカードのキャッシングと比べると、消費者金融のキャッシングはあまりデメリットが内容な印象です。

むしろ、メリットである無利息期間を考えると、消費者金融でのキャッシングの方がキャッシングに向いていると考えられます。

現在、大手の消費者金融はメガバンクのグループ傘下に入っていることも多く、以前と比べて利用しやすいクリーンなイメージのところが多くなった印象があります。

消費者金融でキャッシングをするとなると、審査を受けて審査通過しなければいけないので、クレジットカードのキャッシングよりもスピード感に劣りますが、キャッシングをするという点では消費者金融の方がメリットが大きいと言えます。

短期利用ならクレジットカード、長期利用なら消費者金融がおすすめ

クレジットカードでのキャッシングは短期利用をするのであればメリットの大きいサービスです。

それに対して消費者金融でのキャッシングは長期利用のキャッシングに向いていると言えます。

どちらもメリット・デメリットはありますが、クレジットカードは長期利用をして万が一返済が難しくなったときにショッピング機能まで機能停止になってしまう可能性があります。

そう考えると、長期利用の際にはクレジットカードのキャッシング機能は保険としてとっておいて、消費者金融でキャッシングをするのが良いと言えるでしょう。

どちらも金利が高めなので使い方には注意するようにしましょう。

目的に合わせた計画的なキャッシングをしましょう

クレジットカードを利用するにしても、消費者金融を利用するにしても、キャッシングをするということは借金を抱えるということです。

クレカのキャッシング利用の場合、普段ショッピングにも利用しているのでどうしても借金をしているという感覚が鈍ってしまうというデメリットが大きくなってしまう傾向にありますが、クレジットカードを利用したキャッシングも借金です。

借金は目的に合わせた計画的な利用をしないと、あなたの首を締める可能性があるもの。

あなたがキャッシングする目的に合わせて、無理のない範囲で利用するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です