金利の安いカードローンまとめ|低い金利で賢く借りるには

pixta_19478797_M

カードローンを利用しようと思ったら、いの1番に気になるのは「金利」だと思います。

例えば、複数のカードローンで同じ金額を借入した場合、最も金利の安いカードローンがそれだけ支払う利息が少なく済むため、返済時の負担を抑えることができます。

ですから、少しでも金利の安いカードローンを利用したいと思うのは誰もが思うことです。

とはいえ金利が安いからといって、そのカードローンが1番良いのかと言うとそういうわけではありません。ユーザーの目的によって、おすすめのカードローンは変わってきます。

また、金利の低いカードローンは、その分審査が厳しく時間を要したりするため、短期間の借入であれば、審査時間が短く無利息サービスを提供しているカードローンの方が向いていたりするので、合わせて検討するとよいでしょう。

金利の安いカードローンまとめ

まずは、金利の安いカードローンを一覧で見ていきましょう。

一般的に、金利の安いカードローンは「上限金利14.5%前後」と言われています。

その理由は、消費者金融系カードローンの上限金利が約18.0%なのに対し、銀行系カードローンの上限金利は14.5%前後が多いためです。

ただ、大手の消費者金融は無利息サービスを提供しており、少額や短期間の借入であれば結果的に「金利の安いカードローン」にもなり得ることもあるので、合わせてここでご紹介します。

【銀行系カードローンの金利】

会社名 金利
三菱東京UFJ銀行 1.8%~14.6%
三井住友銀行 4.0%~14.5%
みずほ銀行 2.0%~14.0%
オリックス銀行 1.7%~17.8%
楽天銀行 1.9%~14.5%
イオン銀行 3.8%~13.8%
住信SBIネット銀行(スタンダードコース) 8.39%~14.79%
住信SBIネット銀行(プレミアムコース) 0.99%~7.99%

【消費者金融系カードローンの金利】

会社名 金利 無利息サービス
アコム 3.0%~18.0% 契約の翌日から30日間
SMBCモビット 3.0%~18.0% なし
プロミス 4.5%~17.8% 借入の翌日から30日間
アイフル 4.5%~18.0% 契約の翌日から30日間

やはり消費者金融系の上限金利が約18.0%であるのに対して、銀行系の多くは上限金利14.5%前後が最も多いですね。

金利の安いカードローンは上限金利14.5%前後、と言われる理由が上記表から分かりますね。

上限金利が安い2社

上の表から「住信SBIネット銀行」と「みずほ銀行」の上限金利が、他社と比べて安いことが分かります。

特に、住信SBIネット銀行のMr.カードローン「プレミアムコース」は、上限金利7.99%と明らかに安い金利です。

ただし当然、この「プレミアムコース」の審査基準は非常に厳しく、結果次第では「スタンダートコース」になってしまう可能性が十分にあります。

そして、この「スタンダートコース」の上限金利は14.79%なので、銀行カードローンの中では平均よりやや上の金利になってしまう欠点があるのです。

そのため、「プレミアムコース」の審査によっぽど受かる自信がある方以外は、別のカードローンを検討した方がよいでしょう。

一方、みずほ銀行カードローンは、上限金利14.0%と単純に他社よりも金利が安いだけなので、少しでも金利の安いカードローンをお探しの方にはぴったりの商品です。

カードローンを低い金利で賢く借りるには

先ほど、金利の安いカードローンをお探しの方には「みずほ銀行」をおすすめしましたが、ただこのカードローンを利用すればOKというわけではありません。

カードローンを低い金利で賢く借りるためには、いくつか大事なポイントを押さえておく必要があります。

これはもちろん「みずほ銀行」以外のカードローンを利用する場合においてもそうです。

低い金利の判断基準が上限金利である理由

上記で、金利の安いカードローンをご紹介するにあたり、「上限金利」を判断基準としました。

しかし、そもそもなぜ低い金利のカードローンを比較する目安が「上限金利」なのでしょうか?

カードローンの金利は3.0%~18.0%と幅があり、高金利の消費者金融系も、低金利の銀行系も、「下限金利」を見ればそこまで大きな差はありません。

始めに適用される金利が上限

その理由は、そのカードローンを初めて利用する場合、高確率で上限金利が適用されるからです。

というのも、新規契約ということは、カードローン会社側から見ると未知のお客様でもあるため、返済能力があるかどうかの確証が持てないのです。

つまり、初めて利用する方には、様子見として貸し付ける意味も含んでいるため、上限金利が適用されるのです。

下限金利の意味

だからといって、「下限金利」が全く意味を持たないわけでもありません。

例えば、あるカードローンを利用し続けていく中で、返済に何の問題もなければ自動的に信頼度が上がっていき、それに反比例して金利は徐々に下がっていきます。(※利用限度額も増える)

そのため、金利の安いカードローンを「長期間」「大きめの借入額」目的でお探しの方には、

  • オリックス銀行カードローン(下限金利1.7%)
  • 楽天銀行スーパーローン(下限金利1.9%)

といった「下限金利」の低い商品がおすすめです。

長期利用で、かつ100万円以上の高額借入をご予定の場合は、こういった下限金利の低いカードローンの方が総合的にはかなりお得になっていきます。

金利が安い理由を考える

カードローンの金利は、2つの大きな種類に分けられます。

まず1つ目は金融機関の違いです。「銀行系のカードローン」と「消費者金融系のカードローン」で、設定されている金利は大きく違います。

消費者金融は審査時間のスピードを売りにしているので、金利が高めに設定されています。

一方、銀行カードローンは審査に時間を掛けたり限度額の幅が大きい分、低い金利を設定している傾向にあります。

2つ目は審査結果です。カードローンは審査の結果によって、融資額が変わってくるからです。

例えば、審査結果が良かった場合は、利用限度額が大きくなるため、その分低い金利が適用されます。

逆に、審査結果があまり良くなかった場合、利用限度額が小さくなるため、高い金利がされることになります。

つまり、ここで言いたいことは、

  • 審査時間に余裕があるのかないのか
  • 審査結果が良いのか悪いのか

といったことでも低い金利のカードローンの探し方は変わってくるということです。

できるだけ速い融資を希望する場合は、いくら金利が安くても審査に時間に要するのであれば意味ありませんし、例えば長い間利用している銀行のカードローンであれば審査結果が良く、結果的には低い金利でカードローンを利用できる可能性があるということです。

少額、短期の借入なら無利息期間のある消費者金融がおすすめ

金利の安いカードローンを「短期」「少額」目的でお探しの方には、無利息期間を提供している消費者金融がおすすめです。

なぜなら、消費者金融の無利息サービスを上手に活用すれば、期間内の返済金を全て元本に充てることができるので、利息を大きく減らすことができるからです。

具体的な期間で言うと、平均で6ヶ月以内に完済できるような予定であれば、銀行系カードローンをよりも無利息期間のある消費者金融の方が、利息の支払いが少なくなる可能性があります。

また、下記で紹介する消費者金融はすべて即日融資にも対応しているので、借入を急いでいる方に利点の大きいカードローンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です