カードローンの審査に落ちた場合はどうすればいいの?

pixta_23203671_M

カードローンでお金を借りるためには、必ずそのカードローンの審査に通過しなければ利用することはできません。

では、もしカードローンの審査に落ちてしまった場合はどうすればいいのでしょうか?

おそらく本記事を読んでいる人の中には、

  • 「審査に落ちた理由がよく分からない」
  • 「審査に落ちたけどなんとかしてお金を借りたい」

という人が大勢いらっしゃるかと思います。

そこで今回は、カードローンの審査に落ちる要因とその解決方法を詳しく解説していきます。

カードローンの審査に落ちる理由とその解決方法

再度カードローンの申し込みをして審査に通過するためには、自分がなぜ審査に落ちてしまったかを分析し、その原因を取り除いてあげることが1番の解決方法です。

ここでカードローンの審査に落ちた場合に考えられる理由とその対策をひとつずつ紹介していきますので、自分が該当する項目があったらしっかり改善して、再度カードローンの審査に挑戦して下さい。

同時期または短期間に複数のカードローンを申し込んだ

カードローンの申込情報はすぐさま信用情報機関に登録されるため、他のカードローンへ申し込みした事実は全ての金融機関で共有されています。

そのため、同時期または短期間に複数のカードローンへ申し込んでしまうと、お金に困っている人と判断され、審査に通りにくくなってしまうのです。

さらに、この申込情報は6ヶ月間も信用情報機関に保存されるため、最悪の場合、申し込みしてから半年待たなければ、新規のカードローンを利用することが難しくなります。

ですので、これが理由で審査に落ちたと考えられる場合、残念ではありますが「時が過ぎるのを待つ」が唯一の解決方法になります。

「お金を借りたい」という時は、おそらく急ぎで必要なケースが多いかと思います。

しかしそれでも、結局借りることができなかったら元も子もありませんので、カードローンの申し込みは1社ずつ申し込むようにして下さい。

お金の返済トラブルを起こした過去がある

過去にクレジットカード(キャッシングも含め)やカードローンの支払いで問題を起こしたことがある場合、カードローンの審査に落ちる原因となります。

なぜなら、各カードローン会社は信用情報機関の情報を参照し、過去に支払いや返済トラブルがなかったかどうかも審査時にチェックしているからです。

個人信用情報機関で記録される情報は以下の通りです。

  • ローンの申込履歴(6ヶ月間)
  • 借入・返済履歴(5年間)
  • 異動情報(5~10年間)※

※異動情報とは、3ヶ月以上の長期延滞、債務整理、強制解約、代位弁済の4つです。自己破産だけは10年間、データに保管されます。

これら信用情報機関に記録される情報の中で、特に問題となるのが「返済履歴」と「異動情報」の有無です。

返済履歴に関しては、1・2回の延滞であれば大丈夫ですが、連続でまたは何度も延滞を繰り返している場合、カードローンの審査でかなり不利になります。

しかしそれでもカードローンの審査に通過するためには、現在または過去の未納料金をすべて支払っておくことが大切です。金額によっては難しいこともあるかもしれませんが、ここを解決できなければ、カードローンを利用できる可能性が低いままです。

また、異動情報に関しては、カードローンの審査に落ちる決定的な要因となります。

そのため、異動情報がある方はカードローンの審査に通るのがほぼほぼ無理なので、中小の消費者金融を検討してみてください。(信用情報から消えるまで待てば利用可能)

中小消費者金融は、全体的なサービス面で大手のカードローンに劣りますが、その代わり信用情報だけで即審査落ちといったことはありません。現在の返済能力を冷静に見極めた上で判断してくれます。

携帯本体の割賦払いや奨学金の返済トラブルでも

先ほど紹介したクレカやカードローンの返済にまつわる問題以外の理由でも、審査に落とされるケースは多数あります。

それが携帯本体の割賦金未払いや奨学金の返済延滞といったことです。これらのケースでも、信用情報機関にはしっかり記録されます。

個人信用情報機関に記録されるローンの種類は以下の通りです。

  • クレジットカード(ショッピング枠・キャッシング枠)
  • カードローン
  • 車や家のローン
  • 携帯電話本体の割賦金
  • 奨学金の返済

これらの中で、もし滞納しているものがあるのであれば早急に支払いを済まして下さい。そうすることでカードローンの審査で不利に働いている部分を取り除くことができます。

ただこれらの未払いを解決したからといって、絶対にカードローンの審査に受かるというわけではありません。過去にそうした問題を起こした事実が消えるわけでないので、その点には注意して下さい。

なお、携帯の利用料金や公共料金や税金といった支払いはローンではないので、信用情報機関に記録されることはありません。つまり、カードローンの審査とは関係ないということです。

年収の3分の1以上のお金を借りてしまっている

既に年収の3分の1以上のお金を借りてしまっている場合、消費者金融系カードローンの審査に受かることはまずありません。これは貸金業法の総量規制によるものです。

総量規制とは、貸金業者が個人に対して、トータルで年収の3分の1を超える貸付をしてはいけない、という法律で定められた規制です。

一方、銀行系カードローンは、貸金業法で定める貸金業者に含まれないため、総量規制による制限は受けません。

つまり法律上、銀行は年収の3分の1を超える貸付を行っても何も問題はないということです。

ただ、いくら銀行カードローンが総量規制の対象外といっても、既に年収の3分の1近くまで借金がある人の新規申込を、銀行が審査に通す可能性は限りなくゼロに近いです。

そのため、カードローンの審査に通るためには、少しでも借入総額を減らしておくことが最も現実的です。

借入れ件数が多い

各カードローン会社は、申込者の現在の借入れ状況も審査時にチェックします。

それでもし信用情報機関を通して、その申込者の借入れ件数が多いと分かれば、カードローンの審査で大きく不利に働きます。

そのため、審査通過の可能性を上げるためには、これまで利用してきたカードローンを完済し、借入れの件数を少なくしてから申し込むようにしましょう。

申し込み情報の入力・記入ミスまたは虚偽

申し込み時に入力・記入する情報を誤ったり、偽った場合もカードローンの審査に落ちる要因となります。

例えば、申込時に必要な情報を間違って提出してしまった場合、当然カードローン会社はその情報を元に審査を行うので、本来と違う審査結果になってしまうのは当たり前ですよね。

また、審査に受かるために勤務先や他社からの借入金額について嘘の申告をしても、信用情報機関の参照や在籍確認ですぐにバレてしまうので、逆に審査に落ちる原因になります。

そのため、申し込みの際は虚偽の申告は絶対にせず、1度しっかり見直した上で申し込むようにしましょう。

まとめ

以上、カードローンの審査に落ちた場合に考えられる理由とその対策について詳しく見てきました。

カードローンの審査に落ちたあと、その理由をそのカードローン会社に電話やメールで問い合わせところで、教えてくれることはありません。

そのため、審査に落ちた理由を自分でしっかり分析し、該当する問題をひとつひとつクリアにしていくことが、審査に通る可能性を上げる唯一の方法なのです。

今回ご紹介したように審査に落ちる可能性のあるものはいくつもあります。これらの中で自分に当てはまる問題を改善し、もう1度カードローンの審査に挑戦してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です