カードローンでお金を借りる方法やその注意点とは

pixta_20452946_M

「お金を借りたい」「今とにかく現金が必要」といった場合に、便利なのがカードローンです。

カードローンは、いざという時に自由にお金を借りることができる(利用限度額の範囲内)便利な商品です。

ただ、カードローンを利用したことない人からすると、一体どんな感じでお金を借りるのか少しイメージしづらいかもしれません。

そこで今回は、カードローンを初めて利用する方に向けて

  • カードローンでお金を借りる方法
  • 利用する上での注意点

の2本立てで分かりやすく解説していきます。

カードローンでお金を借りる方法

それでは、カードローンでお金を借りる方法を詳しく解説していきます。

ただ、今回ご紹介する内容は、カードローン全体に共通する基本的な利用方法になります。

カードローンの種類は色々あるため、当然ですが商品によって、特徴的な方法があったり、その方法は利用不可だったりと、個別の違いがあること念頭に置いた上でご覧ください。

申し込み

カードローンを利用するためには、まず申し込みをしなければいけません。

カードローンの申込方法は、基本的に

  1. 店頭窓口
  2. 電話
  3. 郵送
  4. 無人契約機
  5. インターネット

の5種類あります。

これら5つの方法のうち、最もおすすめなのがインターネットからです。

理由は、ネット申し込みが1番簡単でお金を借りるまでの流れが最もスムーズだからです。

店頭窓口や無人契約機で申し込みする場合、そこまで出向く手間がかかりますし、何か忘れ物をしてしまったら、取りに戻らなければいけません。

また、電話の場合はなかなか繋がらなかったりしますし、郵送の場合はお金を借りるまでにかなりの日数がかかってしまいます。

しかし、ネット申し込みであれば、自分の好きなタイミングで申し込むことが可能ですし、入力ミスがあってもすぐに指摘してくれるので無駄な時間を使いません。

そのため、カードローンの申込方法は「インターネット」の一択と考えてよいでしょう。

審査

続いて、実際にカードローンでお金を借りられるかどうかの境目である審査です。

カードローンを利用するためには、必ずこの審査に通らなければなりません。

審査は、申込時に入力したデータや提出した必要書類を元に、各カードローン会社で独自に行われます。

具体的には、

  • クレジットカードやキャッシングの支払いが滞った履歴がないか
  • 携帯料金の遅延・未納の履歴はあるかどうか
  • 他のカードローンでの借入があるか

といった信用情報を調べた上で、審査可否の判断がなされます。

なお、貸金業法によって

  • 1社から50万円を超える借入を希望する場合
  • 2社以上の合計借入額が100万円を超える借入を希望する場合

は源泉徴収票や給与明細(数ヶ月分)、確定申告書といった書類の提出が必要になってきます。

カードの発行・受取

無事に審査に通過することができれば、ローンカードが発行され、カードの受取に進むことができます。

カードの受取は、

  • 店舗や無人契約機で受け取る
  • 郵送で届けてもらう

といった方法があり、どの方法でも本人確認書類(運転免許証・パスポート等)の提示が必要になってきます。

また最近は、本人確認書類をメールに添付して送付したり、WEB上にアップロードしたりと全ての作業をWEB上で完結できるタイプのカードローンが人気です。

さらに、数あるカードローンの中には、ローンカードの発行前に振込融資してくれるものや、カードレスのもの存在します。家族に絶対にバレたくない方はこれらを利用するとよいでしょう。

お金を借りる

カード受取まで完了したら、遂にお金を借りることができます。

手にしたローンカードを持って、提携銀行またはコンビニATMへ行けば、自由にお金を借りることができます。

また他にも、無人契約機に併設されているATMで借りることもできますし、指定口座への振込や店頭窓口での融資など、お金を借りる方法はいくつかあります。

返済

「お金を借りる」という行為は、借りるまでがゴールではありません。

借りたお金をきちんと返済までして初めて「お金を借りる」行為が成立します。

ですので、カードローンを利用するに当たっては、返済方法もしっかり把握しておくことが大切です。

カードローンの基本的な返済方法は、

  • 指定口座からの自動引き落とし
  • 提携銀行またはコンビニATMで返済
  • 自社ATM・無人契約機で返済
  • 振込返済
  • 店頭窓口での返済

などがあります。

なお、返済方法に関しては、各カードローンによって異なるため、詳しくは各商品の返済方法をチェックするようにして下さい。

ただ、全国ネットのCMに流れているような大手のカードローンでしたら、だいたい上記のような返済方法は提供されていますので、そこまで大きな心配ありません。

むしろ、返済期日を守る、計画的に返済していく、といったことにも十分気を付けてカードローンを利用していただければと思います。

カードローンを利用する上での注意点

次は、カードローンを利用する上で注意すべきポイントを解説していきます。

カードローンは資金調達の1つの手段として非常に便利なサービスである一方で、気を付けなければならない点がいくつかあります。

カードローンを少しでも満足いく形で使ってもらうために、以下のような点を頭に入れておいて下さい。

金利が低いわけではない!

カードローンの金利は、決して低いものではありません。というのも、カードローンはどうしても長期で利用してしまいがちだからです。

カードローンは、10%以上の金利が適用される「数万~数十万」を借り入れる方が利用者の大半であるため、この10%以上の金利での長期返済というのは、それなりに高金利のローン商品になってしまうのです。

ただ、個人向けのフリーローンで、金利10%を切る100万円未満の融資が、なかなかないこともまた事実です。

そのため、カードローンが決して悪い商品というわけではなく、注意すべきなのは「長期で抱えてはいけない」ということです。

今のカードローンは、一昔前に比べると格段に金利は低くなりましたが、だからといって油断して長期で抱えてしまうと、思わぬ形で返済に苦しむことになります。

ですので、次に紹介するような「随時返済」を活用して、できるだけ「利息分」の支払いを減らすことがカードローンの上手く利用する大事なコツです。

お金に余裕がある時に随時返済を!

先ほど、「随時返済」を上手く活用してほしいと述べましたが、そもそも何故なのか、ここでその理由を解説していきます。

随時返済とは、お金に余裕がある時などに、毎月決まっている返済(約定返済)とは別に返済することです。

そしてこの臨時返済は、すればするほど利息の負担を抑えることが可能です。

理由は、約定返済のお金は借入残高によって変動する「残高スライド元利均等返済方式」であるケースがほとんどのため、利息分が返済金の割合の多くを占めてしまうためです。

それが随時返済の場合、返済金をほぼ丸々元本の返済に充てられるため、トータルの返済額を大幅に減らすことができるのです。

そのため、カードローンを賢く利用していく最大のコツは「いかに臨時返済を行っていくか」といっても過言ありません。

家族にバレたくないなら、無人契約機を!

カードローンを利用する際、「家族に内緒でお金を借りるにはどうすればいいか」を気にされる方が少なくありません。

そういった人には、無人契約機の利用をお勧めします。

人気の大手カードローンの多くが全国各地に無人契約機を設置しており、そこで契約やカード発行から融資まで、カードローンの必要な手続きを全て行うことができます。

そして、これら手続きの中で、家族にバレないためのキーとなるのが「カードの発行」です。

基本、ローンカードは郵送での送付が原則なのですが、もし家族がいる時間に届いてしまった場合、バレてしまう危険性が出てきますよね。

しかし、この無人契約機でローンカードを発行すれば、自宅に郵送される心配はないので、旦那や妻にバレずにお金を借りることができるのです。

まとめ

以上、便利なカードローンの利用方法から注意点まで詳しく見てきました。

いかがだったでしょうか?

本記事を読んでいただければ、カードローンでお金を借りる具体的な流れから、気を付けるべきポイントまでお分かりいただけたかと思います。

カードローンは、賢く使えばこれほど便利なものはありません。

くれぐれもお金の借り過ぎや返済遅延には注意して利用して下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です