初めてでもわかるカードローン限度額の決まり方|増額方法や年収との関係は?

pixta_25375719_M

カードローンには「利用限度額」と「最高限度額」というのがあり、例えば最高限度額800万円のカードローンで100万円借りたいと思っても、審査後に提示される利用限度額が100万円に満たない場合もあります。

そのため、

  • 「カードローンに申し込んだけど、利用できる額が低かった」
  • 「カードローンの審査には通ったが、限度額が小さ過ぎて使い勝手が悪い」
  • 「初めて利用しようと思っているが、どれくらいまで借りれるのか知りたい」

と悩んでいる方が少なくありません。

利用限度額は審査結果や各カードローンの貸付基準によっても異なりますし、申込者の年収や職業によっても変わってきます。
ここではカードローンの限度額について、初めてカードローン利用する方にもわかるように簡単に詳しく解説していきます。

すでにカードローンを利用している方向けに

  • 利用限度額の引き上げ方法
  • 限度額の減額が可能か

といった素朴な疑問も解説していますので、参考にしてください。

このページはこんなことを知りたい方におすすめのページです
  • 限度額ってなんのことかわからない
  • 初めてのカードローン利用でどれくらい借りれるか知りたい
  • 限度額がどのように設定されるのか知りたい
  • 限度額の引き上げ方法を知りたい
  • 限度額の減額方法を知りたい

カードローンの限度額について|最高限度額と利用限度額とは

カードローンの限度額には各カードローン商品が設定している「最高限度額」と実際に借りることができる限度となる「利用限度額」の2種類が存在します。

初めてカードローンを利用する方だとわかり辛いかも知れませんが、

・最高限度額
そのカードローンで借りることができるMAXの金額
・利用限度額
そのカードローンで【あなたが】借りることができるMAXの金額
という違いがあります。

例えば、大手消費者金融のSMBCプロミスだと最高限度額は500万円に設定されています。
しかし、申込みをしたところで実際に借りれる額は、審査結果として通知される10万円や50万円といった金額です。
※設定される限度額は個人によって異なります。

この実際に借りれる金額のことを利用限度額といいます。

カードローンの借入限度額の決まり方

カードローンの利用限度額は

  • 属性(収入や職業など)
  • 信用情報
  • 借入件数や借入金額

といった項目を審査して設定されます。
そのため、限度額は【あなたが問題なく返済できると判断された金額】として決定されるものと覚えておきましょう。

それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

属性

カードローンは属性が高ければ高いほど限度額が高く設定される傾向にあります。

カードローンの属性とは年収や職業といったステータスのことで、カードローン会社は申し込み時に入力したステータス情報を数値化してあなたの属性を判断します。

この数値化した点数の合計が高いと「返済能力がある」とみなされ、最初から高めの限度額が設定されたりします。

例えば年収200万円のフリーターと年収500万円の公務員で属性の比較をすると、働く期間による収入の変化などがないため公務員の方が高い属性を持っていえるといえます。

収入が安定している公務員や大手企業の正社員は高額の限度額が設定されることが多く、収入があまり安定していないアルバイトや契約・派遣社員の場合は、低めの限度額が設定される傾向にあるのです。

低い属性として挙げらる職業には

  • ニート
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 派遣社員(一般派遣)
  • 個人事業主
  • パート
  • 水商売

などの職業があります。

専業主婦やニートの方だと総量規制という規制に引っかかり消費者金融などの貸金業者からお金を借りることはできませんが、少なからず収入を得ている職業の方なら限度額は低くともどのカードローンでもお金を借りることが可能です。

信用情報

利用限度額はの決定は、あなたの信用の状態によっても大きく左右されます。

信用情報とは、現在の借入額や借入件数、信用情報機関に登録されている異動情報(金融自己や返済遅延などの情報)の有無など、金融サービスを利用するにあたって優良顧客かどうかを判断する情報のことです。

信用情報がクリーンであれば、限度額も高めに設定されやすく、逆に信用情報に傷が付いていると限度額は低めに設定もしくは審査落ちしてしまう可能性があります。

参照される信用情報を具体的に言うと、

  • クレジットカード(ショッピング枠・キャッシング枠)
  • カードローン
  • 車や家のローン
  • 携帯電話本体の割賦金
  • 奨学金の返済

などの利用履歴または返済履歴です。

その中でも特に返済履歴「何度か延滞を繰り返している」といったマイナス情報が記録されていると、借りれる金額は低くなってしまいます。

また、「長期延滞」「債務整理」「自己破産」レベルの情報が記録されている場合、カードローンの利用すら難しくなります。

今まで返済や支払いで全く問題を起こしたことがない人は、カードローン会社側すると安心できるお客さんになるので、高額の借入ができる可能性があります。

他社借入件数や借入金額

カードローンの借入残高や借入件数が多いと、新規申込のカードローンの限度額が低めに設定されたり借入ができない可能性があります。

借入件数が多いと返済能力がないと判断されて借りれても少額になる可能性が高くなりますし、借入金額が多いと総量規制という規制の対象になり借入ができないことがあるからです。

※消費者金融などの貸金業者からお金を借りる場合には、総量規制という規制があるため年収の1/3以上借入ができないため、お金を借りれないケースもあります。

例えば、年収360万円の人は貸金業者から借りれる金額が120万円(年収360万円の1/3の金額)となるので、現在A社から70万円借りていた場合、他の貸金業者から借入できる最大50万円までということになります。

そして、総量規制はクレジットカードのキャッシング枠なども含まれるため、これも合わせると限度額はもっと小さくなります。

あなたが利用しているカードローンの借入額や借入件数、クレジットカードのキャッシング枠をきちんと把握しておかないと、限度額が低くなってしまう可能性があるのです。

なお、クレジットカードのショッピング枠、車や家のローンは総量規制の対象外なので、これらの金額は考えなくて大丈夫です。

>>総量規制の詳細はこちら

限度額は引き上げることができる!増額の方法とは

カードローンを初めて利用する場合、初回に設定される利用限度額は低めに設定されることが多くあります。

当然のことですよね。
カードローン会社はお金を貸して利息から利益を生み出しますので、もし返ってこなかったら不良債権(赤字)となります。

初めて利用するお客さんは、カードローン会社からしたらまだ素性の良くわからない人。
あなたも良く知らない人にお金を貸すのは返ってこないリスクが大きいと感じるはずです。

これと同様で、カードローン会社からしたら初回のお客さんに大きな金額を融資するのは、リスクにしかならないのです。

しかし、そんな限度額を引き上げることができる方法が存在します。

その方法が

  • 増額申請
  • 他社借入

の2つです。

どちらも借りれるお金の金額を引き上げる方法になるので、詳細を見ていきましょう。

増額申請

カードローンの利用を開始すると、会員専用のwebサイトを利用できるようになります。

各銀行や各業消費者金融によって会員サイトの仕様は異なりますが、基本的に操作は同じです。

会員サイトにログインすることで限度額の増額申請を行うことができるので、そちらから借入額の引き上げを申込むことができます。

ですが、限度額の引き上げには注意しなければいけないことがあります。

それは「信用を築けていない半年以内の申請」「属性のステータスダウン(収入減など)」「属性が上がっていない(収入が上がっていない)」といった状況で増額申請をすると、増額できない可能性が大きいということ。

借りれる金額をの引き上げるには、あなたの属性や信用を再審査が必要不可欠です。

そのため、審査結果によっては限度額が上がらないだけでなく、引き下げられてしまう可能性があるのです。

自分から増額申請を行って限度額の引き上げを行う場合には、利用している貸金業者からの増額通知が届いてから行うようにするのが得策です。

もし増額通知が届いていない状況で借りれる金額を引き上げたいのであれば、これから紹介する他社借入を検討してみてください。

他社借入

他社借入は、リスクなくあなたの利用できる限度額を増やせる方法です。

他社借入による増額のメリットは

  • 現状の限度額から下がることがない
  • 増額するよりも引き上げ幅が大きい
  • 増額にかかる日数が短い

の3点です。

他社借入では今利用しているカードローンの限度額に変更が加えられることはありません。

また、増額申請による限度額引き上げだと増額の幅にあまり期待が持てない上、増額審査に日数がかかることもあります。

そんな時、借入までの時間が短い消費者金融で他社借入をすることで、増額審査の結果を待つよりも短い時間で借りれるお金の上限を増やすことができるため、他社借入による限度額の増額をするのがおすすめとなるのです。

信用的には借入件数を多くしてしまうのはあまり得策ではありませんが、急な出費に耐えるためならこの方法の方が限度額を増やせる可能性が大きいといえます。

限度額の引き下げ方法

限度額を引き下げるには、あなたが利用しているカードローンのサポートに限度額を引き下げて欲しい旨を伝えるだけで大丈夫です。

限度額を上げる時には再審査が必要になりますが、下げるときには特に審査など必要ありません。

使いすぎが心配だったり、不正利用を防ぐために限度額の引き下げをしたいというあなたは、サポートの営業時間内に電話をしてください。

限度額はケースによって上手に管理しましょう

初回契約で借入限度額が100万円以上になることは滅多にありません。

かといって、限度額50万円でも多すぎると感じる方もいるはず。

多すぎても少なすぎても管理に困る限度額ですが、基本的には高額の限度額は利用せずにそのまま放置すれば大丈夫です。

個人によって大きく感覚の変わる利用限度額ですが、あなたの利用頻度や利用する目的に合わせて上手にコントロールするようにしてください。

いざというときの為になるべく限度MAXまで使わないよう、カードローンは計画的に利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です