カードローンの借入限度額の決まり方|年収との関係は

pixta_25375719_M

お金に困ったとき役に立つのがカードローンです。

ただ、このカードローンには「借入限度額」というのがあり、○○円借りたいと思っても、審査後に提示される限度額がその金額に満たなかった場合は希望の金額を借りることはできません。

そのため、例えば

  • 「カードローンに申し込んだけど、限度額が思ってたよりだいぶ低かった」
  • 「カードローンの審査には通ったが、限度額が小さ過ぎて使い勝手が悪い」
  • 「初めて利用しようと思っているが、どれくらいまで借りれるのか知りたい」

といった感じで悩んでいる方が少なくないと思います。

この借入限度額は、各カードローンによって違いますし、申込者の年収や職業によっても変わってきます。

今回は、そんなカードローンの借入限度額の決まり方について詳しく見ていきたいと思います。

カードローンの借入限度額の決まり方

それでは、カードローンの借入限度額がどのようにして決まるのか順に解説していきます。

限度額の上限は商品によって異なる

これはそもそも論なのですが、限度額の上限はカードローンの商品によって違います。

各カードローンの基本情報には必ず「借入限度額」「利用限度額」といった項目が記載されており、「○○円~○○円」「最大○○円」といった形で金額が表示されています。

これがそのカードローンの限度額の枠という意味であり、商品によって上限金額が異なります。

基本的に、消費者金融系カードローンは審査時間が速い分、限度額は小さい傾向にあり、銀行系カードローンは審査に時間をかける分、限度額が大きい傾向にあります。

また、表面上ではなく実際の現実的な限度額というのも存在します。

例えば、大手消費者金融では限度額が「最大800万円」のカードローンもありますが、実際に数百万円以上借りれるケースは稀です。しかも、消費者金融は設定金利がは高めなので、高額な金額を借りるのは現実的ではありません。

一方、銀行系は「最高限度額800万円」のカードローンなんてザラにありますし、中には「最大1,000万円」まで借入できる商品もあります。

そして、銀行系は借入希望金額が大きいユーザーもある程度想定しており、金利も低いため、消費者金融よりは遥かに現実的に審査してくれます。

ただ当然ですが、借入希望額が大きければ大きいほど審査は厳しくなり、時間も要することに注意して下さい。

申し込み者の年収や職業

カードローンの審査では、申込者の属性が良ければ良いほど審査に通る可能性が高く、借入限度額も高めに設定されます。

属性とは年収や職業といったステータスのことで、カードローン会社は申し込み時に入力したステータス情報を元にその人の返済能力を数値化して審査を行っています。

そして、この数値化した点数の合計が高いと「返済能力がある」とみなされ、限度額が高めに設定されます。

逆にこの合計点数が低いと「返済能力がない」とみなされるため、ごく少額の限度額だったり、最悪審査に落とされたりします。

また、収入が安定している公務員や大手企業の正社員は、審査で優遇される傾向にあり、初めから割と高めの限度額が設定されたりします。

一方、収入があまり安定していないアルバイトや契約・派遣社員の場合は、低めの限度額が設定される傾向にあります。

他社での借入額もしくは借入件数

他のカードローンでの借入残高や借入件数が多いと、新規申込のカードローン限度額はほぼ100%低めに設定されます。(審査に落とされるケースも多々あり)

今の時代、消費者金融系カードローンでも銀行カードローンでも、年収の3分の1を超える借り入れは難しくなりました。

例えば、年収360万円の人がA社から70万円借りていた場合、新しく借り入れできる金額はどのカードローンに申し込もうと最大50万円までということです。

そして、「年収の3分の1制限」にはさらにクレジットカードのキャッシング枠なども含まれるため、これも合わせると限度額はもっと小さくなります。

そのため、自分が利用しているカードローンの借入額や数、クレジットカードのキャッシング枠をきちんと把握しておかないと、「知らぬ間に年収の3分の1近くだった」ということも全然あり得るので注意して下さい。

なお、クレジットカードのショッピング枠、車や家のローンは「年収の3分の1制限」の対象外なので、これらの金額は考えなくて大丈夫です。

申込者の信用情報

カードローンの審査時には、申込者の個人信用情報機関に載っているデータも参照されます。

そして、確認された信用情報がクリーンであれば、限度額も高めに設定されやすく、逆に信用情報に傷が付いていると、限度額は低めに設定もしくは審査に通過することができません。

参照される信用情報を具体的に言うと、

  • クレジットカード(ショッピング枠・キャッシング枠)
  • カードローン
  • 車や家のローン
  • 携帯電話本体の割賦金
  • 奨学金の返済

などの利用履歴または返済履歴です。

その中でも特に返済履歴「何度か延滞を繰り返している」といったマイナス情報が記録されていると、限度額の審査でかなり不利に働きます。

また、「長期延滞」「債務整理」「自己破産」レベルの情報が記録されている場合、カードローンの利用すら難しくなります。

一方、今まで返済や支払いで全く問題を起こしたことがない人は、カードローン会社側すると安心できるお客さんになるので、借入限度額を高めに設定してくれるわけです。

初回利用時は限度額が低めに設定される傾向にあり

基本的に、そのカードローンを初めて利用する場合、借入限度額は低めに設定されることが多いです。

これは当然と言えば当然のことで、カードローン会社はお金を貸してもし返ってこなかったらただの赤字になります。

そのため、カードローン会社側すると、初めてのお客さんに大きな金額を融資するのは、それだけ大きなリスクを負ってしまうことになるのです。

どれだけ属性が良くても、どれだけ信用情報がきれいでも、お金が返ってこなかったら話にならないため、初めの限度額はどうしても「様子見」「慎重」にならざるを得ないということです。

もちろん過去に他社のカードローンを利用した経験があり、信用情報機関を参照して何も問題なければ、限度額が優遇される可能性は大いにあります。

ただ、初回契約で借入限度額が100万円以上になることは滅多にありません。

まとめ

以上、カードローンの借入限度額がどのようにして決まるのか詳しく見てきました。

限度額がどれくらいになるか不安なカードローン初心者の方も、1度申し込みして思ってたより限度額が小さくて不満だった人も、本ページをお読みいただければその疑問がスッキリ解消できたかと思います。

借入限度額はいくら高くても、最終的に返済することができなければ全く意味がありません。

カードローンはお金に困っている方にとって大変便利な商品です。

しかしその一方で、自分の身の丈に合った使い方ができなければ身を亡ぼすことになりかねません。

この点だけにはよく注意してカードローンを活用して下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です