アイフルで即日融資を受ける方法を解説!在籍確認や必要書類の準備が大事?

アイフル

アイフルは、1967年から50年以上も貸金業を営んでいる実績があり、東証一部にも上場している信頼ある消費者金融です。

テレビCMにはバナナマンが起用されており、利用したことない人でも名前を聞いたことある方は大勢いらっしゃるかと思います。

アイフルの最大の強みは「審査時間最短30分」「全てネット完結」「即日融資対応」「1.000円から借りられる」といった利用者目線に立ったサービスを多く提供している点です。

今回はそんなアイフルの即日融資に焦点を当てて詳しく解説していきます。

アイフルの基本情報

まずは、アイフルの基本スペックから見ていきましょう。

金利はやはり銀行カードローンよりも高いですが、その分、審査時間が短かったり、即日融資にも対応していたり、とユーザーが使いやすいサービスが詰まっています。

特に「最大30日間利息0円」は、アイフルを初めて利用する方にぜひ活用していただきたいサービスです。

金利 4.5%~18.0%
利用最低可能額 1,000円~
利用限度額 最大500万円
審査時間 最短30分
WEB完結 可能
即日融資 対応
無利息サービス 最大30日間
おまとめ専用商品 あり
レディース専用商品 あり
申込対象年齢 20歳以上70歳未満
利用条件 一定の収入あり(パート、アルバイト可)

アイフルで即日融資を受ける方法

アイフルは「申し込んだその日にお金を借りる」いわゆる即日融資に対応しているカードローンです。

アイフルの審査時間は「最短30分」なので、急ぎでお金が必要な方にはぴったりのカードローンとなっています。

ただ、アイフルの審査回答時間は「土日祝日含め9:00~21:00」と定められてるため、当日お金を借りるには、この時間内に間に合うよう申し込みを済ませ、回答をもらう必要があります。

そこで今回は、アイフルでの即日融資ができるだけ叶うよう、押さえておくべきコツや注意すべき点ををお伝えしていきます。

申し込みはインターネットからがおすすめ!

まず、申込方法に関しては、24時間365日対応しているインターネットからアイフルを申し込むようにして下さい。

デバイスは何でも構いません。お手持ちのパソコン、タブレット、携帯などで申し込んで下さい。

アイフルには、ネット以外にも

  • 電話
  • 店舗
  • 無人契約機(自動契約機)
  • 郵送

といった申し込みにも対応しています。

しかし、これらの方法に比べて、ネット申し込みは手続き時間や審査時間が圧倒的に短い傾向にあるのです。

即日融資を実現するためには、少しでも契約完了までの時間を短縮することが重要。
そう考えると、審査に至るまでの時間が最も短くなる可能性の高い「WEB申し込み」しか自ずと選択肢はありません。

それではアイフルをネットから申し込む流れをご紹介します。

申し込みの流れ

WEB申し込みの大まかな流れは下記になります。

  1. アイフル公式サイトの申し込みボタンをクリック
  2. 画面の指示従って入力
  3. 必要書類の提出
  4. 審査・在籍確認
  5. 審査完了
  6. 借入方法の選択

アイフルは審査の開始から完了までの時間を最短30分としています。

そのため、上記の手続きが全て終わるのは、だいたい1時間程度です。

必要書類を予め準備しておく

アイフルを利用するためには、必要書類を提出しなければなりません。

それが「本人確認書類」と「収入証明書類」です。

そして即日融資を受けるためには、この必要書類を予め準備しておくことが、契約を早く済ませるためには重要になってきます。

本人確認書類

本人確認書類は、運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、個人番号カードのいずれかのものであればOKです。

もちろん全て有効期限内のものに限ります。

また、本人確認書類に記載されている住所が、現住所と違う場合は、「氏名」「現住所」の両方が記載されている、下記のいずれかの書類(原本)を合わせて提出する必要があります。

  • 公共料金の領収書(電気・ガス・水道・NHK等)
  • 住民票の写し
  • 印鑑証明書

収入証明書類

収入証明書類は、源泉徴収票、給与明細書(直近2ヶ月分)、住民税決定通知書といった収入を証明できる公的な書類のことです。

なお、原本でなくコピーで大丈夫です。

また、「収入証明書類」の提出は

  • 50万円以上の借り入れを希望する場合
  • アイフルの借入希望額と他社での借入の総額が100万円以上になる場合
  • 就業状況の確認など、アイフルが審査の過程で提出を求めた場合

いずれかのケースに当てはまる場合です。

在籍確認が問題なく済むようにしておく

アイフルでは申し込み後、必ず在籍確認が行われます。

在籍確認とは、申し込み時に入力した勤務先にアイフル側が電話をかけて、実際に在籍していることを確認する作業のことです。

もし在籍の確認が取れない場合は、審査に時間がかかる、あるいは審査に落ちてしまうこともあります。

在籍確認の電話内容に関しては、アイフルの担当者が勤務先に電話をして
「〇〇様はおられますか?」
と確認します。

その際、

  • 本人が電話に出る
  • 職場のスタッフが「〇〇は席を外しております」

と答えた場合に在籍確認は完了します。

そのため、即日融資を受けるためのは、自分で電話を取れるように準備しておくか、前もって仲の良い同僚の方に伝えておき、在籍確認がスムーズに進むようにしておくことが大切です。

なお、職場の従業員が電話に出た場合は、アイフルからの電話とはできるだけ分からないよう一定の配慮はしてくれます。

それでも、できるだけ本人が電話に出ることに越したことはありません。

借入方法は申し込みした時間帯によって選択する

審査完了後、借入方法を選ぶことになるのですが、即日融資を受けるためには自分が申し込んだ時間帯によって選択肢が変わってきます。

それが「銀行振込」と「ATMキャッシング」という2つの借入方法です。

銀行振込を選択した方が良いケース

平日の14時までに申し込みを済ませた場合は「銀行振込」を選択するようにして下さい。

こちらの借入方法であれば、WEB申し込みでどの場所からでもお金を借りることができます。

ただ「銀行振込」である以上、即日融資のためには、銀行窓口の営業時間内に契約まで全ての手続きを完了して置く必要があることだけは頭に入れておいて下さい。(※だから平日の14時まで)

「銀行振込」による即日融資を希望する場合は遅くとも13時まで、できれば正午までには申し込みを済ませておきましょう。

ATMキャッシングを選択した方が良いケース

上記以外のケース、つまり

  • 平日の14時以降
  • 土日祝日

に申し込んだ場合は「ATMキャッシング」を選択するようにして下さい。

平日の14時までに申し込みができなかった場合は、振込融資が当日に間に合わないため、即日融資を受けるためにはATMからお金を借りるしかありません。

ATMには

  • 8~23時営業のアイフルATM
  • 24時間営業の提携ATM

の2種類あります。

ただ、24時間営業の提携ATMの方は便利なのですが、1万円以下の取引108円、1万円を超える取引216円の手数料がかかります。

また、ATMで借入れするためにはローンカードが必要になります。

ローンカードは、アイフルの自動契約機「てまいらず」で発行することが可能です。

そのため、お金を借りるまでの流れとしては

  1. 契約完了
  2. 自動契約機「てまいらず」でローンカード発行
  3. 併設アイフルATMもしくはコンビニ提携ATMに借り入れ

になります。

1秒診断で融資可能か事前にチェック

アイフルでは、実際にお金を借りることができるかどうか、事前に診断してくれるサービスが提供されています。

それが「1秒診断」です。

この1秒診断は、年齢、雇用形態、年収、他社借入金額から、融資可能かどうか1秒で診断してくれるサービスです。

1秒診断は、あくまでも仮であり、実際の審査結果と必ずしも一致するわけではありません。

しかし、診断結果で借入不可の判断はつきやすいので、あらかじめこれでチェックして問題点を改善することで、実際に申し込みした際の手続きをスムーズに進めやすくできます。

まとめ

以上、アイフルで即日融資を受ける方法、実現するためにはどうすればいいのかについて詳しく見てきました。

本ページを読んでいただければ、アイフルで即日融資を受けるための大事なポイントを十分お分かりいただけたかと思います。

アイフルは、急にお金が必要になった方にとって、大変便利で役に立つカードローンです。

即日融資可能なカードローンをお探しの方は、ぜひ「アイフル」を活用してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です