アコムで即日融資を受けたい方へ|申込方法や審査情報まとめ

アコム

アコムは、三菱東京UFJフィナンシャルグループに所属する大手の消費者金融です。

テレビCMでは長年、女優の永作博美さんが起用されており、「アコム」という名前は誰もが1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

アコム最大の魅力は「最短30分という審査スピード」や「最大30日間金利がゼロ」であり、若年層からお年寄りまで幅広い層に人気のカードローンです。

またアコムは、利用者によっては大変便利な「即日融資」にも対応しているカードローンです。

今回はこのアコムの即日融資にスポットを当てて詳しく解説していきます。

アコムの基本情報

まずは、アコムの基本スペックから見ていきましょう。

先ほどご紹介したように、アコムの審査時間は短く、手続きなども含めた融資までの時間は最短1時間ほどで済みます。

急いでいる方には嬉しいですよね。

また「最大30日間金利ゼロ」は、アコムを初めて利用する方に向けた嬉しいサービスとなっています。

金利 3.0%~18.0%
利用最低可能額 1万円~
利用限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
WEB完結 可能
即日融資 対応
無利息サービス 最大30日間金利ゼロ
おまとめ専用商品 あり
レディース専用商品 あり
申込対象年齢 20歳以上70歳未満
利用条件 一定の収入あり(パート、アルバイト可)

アコムの申し込み方法

アコムの申込方法はいくつか用意されており

  1. 店頭
  2. 電話
  3. WEB
  4. 郵送
  5. むじんくん(無人契約機)

の5つです。

どの方法でも必要事項を入力(記入)して、必要書類を提出することには変わりありません。

この中で最もおすすめなのは「WEB申込」です。

理由は簡単で、お金を借り入れるまでの流れが1番スムーズだからです。

特に急いでいる方や即日融資を希望する方は絶対にインターネットから申し込むようにして下さい。

WEB申込の流れ

それでは、アコムのWEB申込の流れを見ていきましょう。

手続きの流れは以下のようになります。

  1. アコム公式サイトの申し込みボタンをクリック
  2. 画面の指示に従っての入力作業
  3. 入力した情報を元に仮審査
  4. 必要書類の提出
  5. 本審査(意思確認や在籍確認の電話あり)
  6. 正式契約
  7. 融資を受ける

アコムは審査が最短30分で終わるため、上記全体の手続きを踏まえたトータル時間は平均1時間くらいです。

ただし当然、融資を受けるまでの時間には個人差があることには注意して下さい。例えば、入力した情報に虚偽や誤りがあった場合、審査に長い時間を要したり、最悪借りられないといったケースもあります。

そのため、できるだけスムーズに済ませるためにも、入力情報や必要書類の提出には十分気を付けるようにしましょう。

また、金曜の夜や連休前は申込者が増える傾向にあるので、時間に余裕を持って申し込むことも手続きを短縮するための大事なコツです。

アコムで即日融資を受ける方法

ここからが本記事のメインテーマです。

冒頭でも述べましたように、アコムは「即日融資」に対応しているカードローンです。

しかし、実際にアコムで即日融資を受けるためには、いくつか注意しなければならない点があります。

それでは順に見ていきましょう。

遅くとも20時までには申し込みを!

即日融資を受けるために、まず押さえておきたいことが「審査回答時間」です。

アコムの審査回答時間は「9:00〜21:00」。(※無人契約機や店頭窓口は異なる)

つまり、アコムの審査は21:00には終了するということです。

そのため、即日融資を実現させるためには、遅くとも20時までに申し込むようにして下さい。

審査時間が最短30分、その他の手続き時間を30分として平均で大体60分くらいはかかるので、それを見越して審査が終了する1時間前の20時までには申し込んでおきましょう。

借入方法によって即日融資を受けられる条件は異なる

先ほど、即日融資を受けるためには、アコムの審査が終わる1時間前に申し込むことが大切であるとお伝えしました。

次は、借入方法によって違う「即日融資を受けられる条件」を解説していきます。

銀行振込を希望

アコムはロードカードによる借入だけでなく、銀行口座への振込融資にも対応しています。

その場合は、遅くとも平日の13時までには申し込むようにして下さい。

アコムの振込融資に関しては、14時までの受付であれば当日中に対応してもらえます。

また、当日中の振込融資は、銀行窓口の営業時間である15時がタイムリミットでもあるので、休日に即日融資を受けたい場合は別の方法による融資を考えなければなりません。

それが次にご紹介する、ローンカードによる借入です。

ローンカードによる借入

ローンカード(ACカード)による借入であれば、遅くとも20時までに申込を済ませれば即日融資を受けることができます。

ネットから申し込みをして、無人契約機「むじんくん」まで出向いて契約を行い、ACカードを発行すれば、即日お金を借りることができます。

楽天銀行なら振込に24時間対応

楽天銀行の口座を持っている方の場合、24時間365日いつでも振込融資を受けられます。

アコムの正式契約まで完了すれば、営業時間を気にすることなく、いつでも借り入れできます。

ただし、上記で述べたアコムの審査回答時間には間に合う必要があるので、楽天銀行口座の所有者でも、20時までの申し込みは必須です。

初回契約に限り振込猶予時間が拡大する銀行

アコムの振込融資は「14時までの依頼に限り、当日対応してくれる」とご紹介しましたが一部例外があります。

もし下記いずれかの銀行口座所有者であれば、初回契約時に限り、平日18時まで振込融資してくれます。

その銀行は

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行

の3社です。

ただ、これら銀行は、楽天銀行のように土日祝日の振込には対応していませんので、休日の即日融資は、やはりカードによる借入方法しか選択肢はありません。

要は、アコムの本来の振込融資の条件に、「平日15時」から「平日18時」に振込猶予時間が拡大されたバージョンと思っていただければ分かりやすいかと思います。

できるだけ必要最低限の借入希望額に留めておく

即日融資を受けたい場合は、総量規制を超えた借入額を希望しないようにして下さい。

アコムは消費者金融であり、貸金業法で定められている総量規制の対象となるため、年収の3分の1を超える貸付は禁止されています。

例えば、借入希望額が3~10万くらいであれば、その分求められる返済能力のハードルは低くなるので、審査にかかる時間が短くなります。

しかし、もし総量規制を超えた額を希望した場合は借入そのものが不可ですし、それに近い希望額を入力した場合でも、それだけ審査にかかる時間を取られます。

そのため、即日融資を希望する方は、できるだけ必要最低限の借入希望額に留めて申し込むようにして下さい。

私の経験上、10万円以下であれば審査がスムーズに済む可能性は高いです。

同時に複数のカードローンに申し込まない

どれだけ急いでたとしても、同時に複数のカードローンを申し込むことだけは絶対に避けて下さい。

個人のカードローンの申込履歴は「個人信用情報機関」で管理されており、その信用情報は各金融機関で共有されているため、アコムにすぐにバレてしまうのです。

つまり、本来であれば即日融資できたかもしれないのに関わらず、複数のカードローンに申し込んでいるがため、審査に時間がかかったり落ちてしまったりするのです。

そのため、アコムへ申し込みを行う場合は、アコム1社に申し込むようにして下さい。

まとめ

以上、アコムで即日融資を受けるためには、どういった点に気を付ければいいか詳しく見てきました。

本記事を読んでいただければ、アコムでの即日融資を実現するための大事なポイントがお分かりいただけたかと思います。

アコムは今日中にお金が必要な人に十分役立ってくれるカードローンです。

即日融資対応のローンをお求めの方は、ぜひアコムを利用してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です