プロミスは在籍確認なし・カードレスで借入できるカードローン

プロミスは、利用者にメリットが多く、借りやすく、利用しやすいカードローンとしてとても人気があります。また、プロミスは三井住友フィナンシャルグループの子会社が展開しているブランドですので、ノンバンクの利用に対して不安を感じている人も、安心して利用することができるということも魅力の一つです。

プロミスでは、初回の利用で30日間利息が無料になったり、審査がスピーディで最短30分で終わるということに加え、「金利が低く設定されている」「在籍確認を書類で済ますことができる」「カードレスで契約できる」「土日祝日でも即日融資ができる」など、多くのメリットがあります。

それでは、その中でもプロミスの大きなメリットである「在籍確認」と「カードレス契約」について、詳しく見ていきましょう。

プロミスは電話での在籍確認なし、書類提出でOK

プロミスを利用する際の大きなメリットとしては、「在籍確認が書類提出で済む場合がある」ということです。

カードローンを申し込む際に、一番気になるのが「在籍確認」です。

「カードローンを申し込むと職場に電話がかかってくる」ということに対して不安を感じる人が多く、「同僚にノンバンクの利用がバレたらどうしよう」「皆から怪しまれないだろう」などと心配になり、結果、お金が必要なのにどうしてもカードローンの利用に踏み切れないという人もいます。

在籍確認の電話の際には「プロミスですが」と名乗られることはなく、個人名を使ってくれるなど配慮はしてくれるのが一般的です。しかし、在籍確認の電話に出た際に、本人確認のために「名前」や「生年月日」を言わなければならないこともあります。

その会話を側で聞いた人は、やはり「何かあやしい電話だな」と感じてしまいますよね。

最近は、ノンバンクは銀行グループの傘下に入っているところが多く、昔のような怖いイメージはなく安心して借りられるところが多いのですが、それでもやはりノンバンクの利用を隠したいという人は多く、在籍確認は気になるところです。

ノンバンク側とすれば、貸したお金をきちんと返してくれるかどうかということが大切ですから、「きちんと職について働いているか」「毎月安定した収入があるか」ということを確認しなければなりません。

このような事情から、その職場で働いていることを確実に確認するため、ノンバンクの在籍確認は電話で行われることがほとんどです。

しかし、プロミスは、ノンバンクならばほぼ必ず行われる在籍確認を「給与明細や源泉徴収票」で代用できる場合があるというところが魅力で、利用者は安心して申し込みをして、お金を借りることができます。

プロミスの申し込み手順と在籍確認を免除する方法

在籍確認の電話を書類の提出で済ませたい場合は、「在籍確認を書類で済ませたい」ということを、プロミスのスタッフに相談する必要があります。その希望を伝えないままでいると、通常の審査プロセスとして「職場への在籍確認」が行われてしまいますので注意が必要です。

それでは、申し込みの手順と電話のタイミングについて見ていきましょう。

申し込み

インターネットならば、24時間365日いつでも申し込みが可能です。その他には、プロミスの自動契約機もしくは三井住友銀行ローン契約機(ACM)でもプロミスのカードローンの申し込みが可能となっています。

WEBで申し込みを入力し終わると、スタッフから申し込み確認の電話がきます。電話を待たずに、こちらからプロミスのコールセンター(0120-24-0365)へ電話をしても大丈夫です。女性のスタッフに対応してもらいたい場合は、女性専用のレディースコール(0120-86-2634)もあります。

この電話で、在籍確認を電話ではなく書類提出にしてもらえないか、ということを相談します。場合によっては、電話での在籍確認が避けられないこともありますが、利用者のことを考え、最大限相談に乗ってくれるのがプロミスです。

この時に、給与明細や源泉徴収票など、必要な書類が何かということを言われますので、スマホやパソコンなどのインターネット経由で提出します。

自動契約機で申し込みをすると、備えつけの電話にスタッフから連絡がありますので、そこで希望を伝えます。持ってきた収入証明書類を自動契約機でスキャンして送信します。

書類に不備があると、せっかく自動契約機まで足を運んだのに、契約できないということにもなりかねませんので、在籍確認を書類で済ませたい場合は、あらかじめコールセンターに電話して、必要な書類を聞いて、それを持参してから契約機に行くのが良いでしょう。

審査

入力内容や書類を元に審査が行われます。審査に通ると、融資が可能となります。

このように、在籍確認を書類で済ませたい場合は、電話でスタッフにそのことを相談する必要があります。特に、土日に融資を受けたい場合は、職場がお休みのことが多いので、書類での審査が必要です。

書類で在籍確認ができた場合は、土日でも融資可能となります。

プロミスには「瞬フリ」という、土日でもすぐにお金が振り込まれる仕組みがありますので、審査に通過すると、平日だけではなく週末でも即日でお金を借りることが可能となっています。

プロミスではカードレスの契約が可能。自宅への郵送物なし

在籍確認と並んで、利用者が不安を感じるのが「自宅へのカードの郵送」です。申し込みはWEBで行うことができるので、周りにバレてしまう心配はないのですが、契約後にカードが自宅に送られてくると、それがきっかけで家族に知られてしまうということも多いのです。

毎日自宅にいるのであればまだ良いのですが、申し込みをする人の大半は仕事をしていたり、学生であっても昼間は学校に行っているので、自宅への郵送物への対応は難しいですね。

しかし、プロミスでは、このカードを発行しないという「カードレス契約」を選ぶことができるので、自宅への郵送物をなしにしてしまうことができるのです。

「自宅への郵送物が原因で、家族にバレてしまうのでは」という不安を抱えている利用者が多いということをプロミスはわかっており、その不安を少しでも減らすことができるよう、配慮してくれているのが嬉しいですね。

今までは、カードが自宅に送られてこないようにするには、店頭もしくは自動契約機で契約を行い、その場でカードを受け取るという方法しかありませんでした。

しかし、仕事で忙しく時間がない人や、誰かに見られたらと不安を感じる人にとっては、店舗や自動契約機まで足を運ぶのはハードルが高く、結果として、自宅までカードを送ってもらうしか方法がありませんでした。

しかし、このカードレス契約が可能になったことで、利用者にとっては格段に利便性が良くなり、ますます安心して借りることができるようになりました。

プロミスのカードローンをカードレスで契約する方法

カードレスで契約する場合、返済方法は「口座振替」のみとなりますので、契約時には口座振替を選択することが必要です。

  • 申し込みをするときは、WEBから申し込む
  • 審査に通過した後、返済方法は「口座振替」を選択
  • カード発行するかどうかを選ぶところがあるので「カード郵送希望なし」を選択

これで、カードレス契約となり、カードが発行されることはありません。

プロミスのWEB完結の契約に対応している金融機関は以下となっています。この口座の本人確認が完了していることが条件です。その条件を満たしていない場合は、契約書類が自宅に郵送されてしまいますので注意しましょう。

WEB完結で口座振替を選択できる主な金融機関は以下のようになっています。これ以外にも、多くの地方銀行で手続きが可能です。詳しくは、プロミスの公式HPに掲載されています。

三井住友銀行
ゆうちょ銀行
みずほ銀行
東京三菱UFJ銀行
りそな銀行
イオン銀行
住信SBIネット銀行
セブン銀行
千葉銀行
横浜銀行
スルガ銀行

三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行のみ、引き落とし日を5日、15日、25日、末日の中から選択できます。それ以外の銀行では、引き落とし日は毎月5日となります。

プロミスカードは後日発行も可能

ただし、利用していく上で「やっぱりカードがあった方がいいな」と感じた場合は、後日カードを発行することができます。

カードがあると、コンビニや提携金融機関のATMから気軽に返済することができます。また、「今月は余裕があるな」という時は、カードがあると繰り上げ返済もATMから行えるので簡単です。

逆に、口座振替の場合は、毎月引き落とし日が決まっていますので、うっかり返済を忘れるということもありません。口座にお金を入れておけば、自動的に返済が行われますので、手間がかからず便利です。

業界初!プロミスは三井住友VISAプリペイドカードへのチャージで借入可能

プロミスでは、借入方法はいくつかありますが、特に注目したい方法が「瞬フリ」と「三井住友VISAプリペイドカードへのチャージ」です。

この2つが、プロミスならではの方法となっており、大変利便性が高く、使いやすくなっています。それぞれ説明していきますね。

「瞬フリ」

瞬フリとは、プロミスならではのサービスです。三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座を持っていれば、24時間365日、最短10秒で振込キャッシングをすることができます。

通常、銀行振込の受付時間は14時50分までで、それ以後に振込キャッシングの手続きをした場合は、着金が翌日になってしまいます。

しかし、この瞬フリでは、この時間以降、夜中でも早朝でも、振込キャッシングの手続きを行えば、即座に振込先の口座に着金してくれるのです。

この瞬フリを利用すれば、土日でも簡単にお金を借りることができます。

三井住友VISAプリペイドカードへのチャージ

業界で初めて、借入金を三井住友VISAプリペイドへのチャージという形で受け取れるシステムです。

三井住友VISAプリペイドカードとは

好きな金額をチャージすることで、クレジットカードと同じようにVISA加盟店で使うことができるカードです。実際の店舗での利用も、インターネット店舗での決済でも可能です。

チャージした金額までしか利用することができませんので、使いすぎを防ぐことができます。

また、カードローンの借入は日本国内でしかすることができませんが、このプリペイドカードへチャージを行えば、VISA加盟店であれば、世界中で使うことができるのがメリットです。

ただし、現地通貨のキャッシングはできませんので注意が必要です。

プリペイドカードの受け取りと登録で2,000円分のチャージがもらえる

プロミスと初めて契約する場合、三井住友VISAプリペイドカードを無料でもらうことができます。このカードには、あらかじめ1,000円分チャージされていますので、つまり、1,000円分お得ということになります。

そして、三井住友VISAプリペイドの番号を「プロミスの振込キャッシングのチャージ先」として登録すると、さらに1,000円分のチャージがもらえます。この特典は、契約完了日から2か月以内に、プリペイド番号の登録を行うことが条件となっていますので、期間内に手続きを済ませるようにしましょう。

このように、プリペイドカードを受け取り、番号登録をすることで、合計2,000円分のチャージがもらえるということになります。

三井住友VISAプリペイドカードの利用登録方法

まず、プリペイドカードが届いたら、三井住友VISAプリペイドカードのホームぺージでメールアドレスの登録を行い、続いて無料の会員登録を行います。

次に、プリペイドカードのマイページ画面から、カード追加登録を行います。

マイページ→お客様情報照会の画面より、本人確認書類の提出を行います。

この手続きが終わると、1週間程度で三井住友カード(株)よりお知らせメールが届きます。これで、プロミスよりのチャージが受けられる状態になります。

お知らせメールが来た後、次は「プロミス会員サービス」へログインし、「三井住友VISAプリペイド番号の登録・変更」というボタンを選択し、プリペイドカード番号を登録します。

以上で、プロミスからのチャージの準備が整いました。⑤が終わると、この完了日の翌月15日頃に、1,000円分のプレゼント分チャージが自動で行われます。

プリペイド番号の登録が終わると、いつでもプロミスからのチャージが可能となります。会員サービスにログインした後、振込キャッシングの手続きの際、「プリペイドカード」を選択すると、借りたお金がそのままプリペイドカードにチャージされます。

残高を確認したい時は三井住友VISAプリペイドカードの会員ページにログインして見ることができますし、プロミス公式アプリ、またはプロミス会員サービスにログインして、「三井住友VISAプリペイド情報」で確認することもできます。

プロミスでプリペイドカードを利用するメリット

このプリペイドカードの一連の手続きが面倒に感じる人もいるとは思いますが、合計で2,000円分のチャージがもらえてしまうのは大きなメリットです。

また、振込キャッシングの場合は、どうしても通帳に記録が残ってしまいますが、このチャージの場合は、そのような記録が残りません。

主に、物品の購入のためにお金を借りたい人や、通帳への記録を避けたい人は、このプリペイドカードへのチャージがおすすめです。もちろん、このカードはVISAのクレジットカードと同じようなものですので、実はカードローンからのキャッシングだということも周りに知られることはありません。安心してカードをお財布の中に入れておくこともできますよ。

もちろん、振込キャッシングやプリペイドカードへのチャージの他にも、プロミスカードを発行して、プロミスやコンビニ、提携金融機関のATMから借り入れや返済を行うことができます。

まとめ

プロミスのカードローンでは、在籍確認がなく、カードレスの契約ができること、業界で初めて、三井住友VISAプリペイドカードを利用してお金を借りることができることなど、多くのメリットがあります。

利用者が安心して借りられて、便利に利用ができるようにと考えてくれており、安心して借りることができるカードローンと言えるでしょう。お金を借りたいと考えている人は、ぜひプロミスを検討してみてください。

参考 : プロミスの審査の流れと審査に関する口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です